俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

うしろより肩の落花を払ひけり

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

老母の肩だった。

最新の添削

老ふ母の肩の落花を払ひけり

回答者 秋沙美 洋

よし造さん、こんにちは。

「うしろより」が分かりづらいです。一読した時、後方から花が降ってきてそれを払っている句かなと。
後は、きちんと「母」という対象を書いてやらないと…現状ですと感慨が生まれづらいと思います。

そもそもですが、「肩」の「花」ですので、落ちている花なのは言うまでもありません。「落花」という表記が適切かどうか、もう一つ推敲が必要かと。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

母の背の落花ひとひら払ひけり

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

一読で意味がわかりませんでした。まず「うしろより」の意味をとるのが難しいと思います。
意味だけなら「うしろから」にしてもいいのですが、それでも「誰の?」と感じてしまいます。自分に関係がある人物なのは明らかなのですが、その情報が全くないために、映像の組み立てが完成せずもやもやします。
この句では、コメントにある「母」「老母」は省略せずに出しておくべきかと思います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

校門をともかく一歩入学し

作者名 こま爺 回答数 : 7

投稿日時:

水をやる頻度上がらぬ余寒かな

作者名 なおじい 回答数 : 10

投稿日時:

白銀の外ながめ午後炬燵番

作者名 やまの はるか 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『うしろより肩の落花を払ひけり』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ