俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

目が痒いけれど眺むる桜かな

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「ご先祖と」にはたくさんのコメント有難うございました。励みになります。
本句は、ごめんなさい、詩情も広がりもない感情句です。よろしければご意見お願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

なおじい様、草青むの句のコメントありがとうございます。
とても良いお天気でした。

花粉症大丈夫でしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 いつき

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんにちは
いつもありがとうございます

私も花粉症で、この情景はよくわかります
年々ひどくなっているようです

点数: 1

添削のお礼として、いつきさんの俳句の感想を書いてください >>

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントをありがとうございます。

俳句ポスト水曜も呼ばれませんでした。全ボツか木曜以降か。心臓がどきどきします。

御句。目がかゆいというのと桜は面白いと思います。花粉症とかくと季語っぽいですしね。「けれど」とつなぐかシンプルに取り合わせるか。こんな対句はいかがでしょう。大胆に他の情報はありませんが、掲句と情報量は同じです。
目はかゆい桜はまぶしいまぶしい

私は毎年重度の花粉症です、、、。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

目が痒い=花粉症、だと思うのですが、「花粉症」はばっちり季語になっているので、言い方を変えても季重なり感は出ます。
例えば菜の花を「一面の黄色の花」などと言い換えても、菜の花とわかるようであれば菜の花ですよね・・・
とはいえ、この句は桜が主役ではありますね・・・「けれど」で繋いだりして感情が入っているので「花粉症」をどう受け取ろうかな・・・という感じではありますね。

ネタ句ですが・・・
・目が痒い桜が見たい目が痒い

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

なおじい様 こんばんは。いつもご指導ありがとうございます。
いろいろご指導勉強になります。

これかもよろしくお願いいたします。

花粉症の私にはよくわかります。
さくらは嬉しいけれど花粉が・・・
ですね。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 ふり

句の評価:
★★★★★

いつも添削ありがとうございます。
直しの句は語順が変わり感覚的に良くなったと思いましたが、なおじい様より具体的な解説を頂き、とても勉強になりました。そうかそういう事なのか!と納得です。

御句ですが、「けれど」はありなのですね。自分だとちょっと躊躇し、「されど」とか詠みそうです^^;
またこれからも宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ふりさんの俳句の感想を書いてください >>

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

 こんばんは。陰性の~の句へ御意見ありがとうございました。花曇にしたのはイサクさんへの返信コメに書いた通りです。最初は 春の空 にしようと思ったんですが・・・
 御句。トップページで読んだときに何だか楽しい句だなと思って開いてみたら なおじいさんの句だったので思わず笑って(いい意味ですよ)しまいました。前半が口語で後半が文語になっているあたりは、なおじいさん新発案の表現ではないでしょうか。目が痒いという現実から、桜を愛でる詩の世界に跳躍する感じが出ていて面白いと思います。少なくともこの句の場合には、その表現が合っています。それと目が痒いのは必ずしも花粉症特有の症状とは限りませんので、僕的には全然OKですし、このままがいいなあと思います。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です!
なおじいさん、早速コメントありがとうございます!!
12時オンタイムでコメントくれるなんて、感激です(^^♪
イサクさんとご一緒できてよかったです!

今日は起きたら俳句生活「猫の子」も待っています。心臓がバクバク。
ありがとうございました!!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

なおじい様
さっそくコメントありがとうございます!
他でも書きましたが水曜まで未掲載が初めてだったので、かなりドキドキしました。
こちらでの勉強を生かせたと思います。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「目が痒いけれど眺むる桜かな」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。丘を越え~の句へ御意見ありがとうございました。「ほぼ」について鋭い御指摘、御もっともだと思いました。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蹴球の賑わい他所に夜長寝る

作者名 ソウ 回答数 : 1

投稿日時:

白桃の頬の女に恋したり

作者名 感じ 回答数 : 2

投稿日時:

はらはらとふれゆく花野はるかなり

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『目が痒いけれど眺むる桜かな』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ