俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春雨や立てた脚立に竹箒

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

あるマンションの裏側のスペースに、立てたまんまの脚立に竹箒が逆さまに立て掛けてありました。何となく絵になりそうな気がして、春雨と取り合せてみたのですが御意見よろしくお願いします。

最新の添削

「春雨や立てた脚立に竹箒」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。普段はそうでもないのですが、このところ仕事が立て込んで、レスポンスが遅くなってすみません。

その光景、わかります!それはなんでもない景色かもしれないし、非凡な有様かもしれません。
でも五七五に詠めば俳句になり、多くの人が情景を共有できますね。

私は次の二つを作らせていただきました。面白いので一句ではもったいないから(笑)。

・春の雨しまい忘れし脚立かな
・春雨や逆さに立つる竹箒

先になぜ非凡かもと申し上げたかと言いますと、両方とも親の言いつけを思い出したからです。
まず脚立は、「使ったらすぐに片付けなさい、小さい子とかがすぐに登りたがって危ないから」と。
竹箒は、「箒は逆さに立てるものではない。あまり良くない意味があるから」と。

今でも我が家の脚立は使ったらすぐにしまいます。でも竹箒は逆さに立てて置いちゃってます(笑)。竹箒以外の箒はちゃんと吊るしてますけどね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春雨や立てた脚立に竹箒」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

いくつかに分けます。

◆「脚立」「竹帚」の比重がどちらもそれなりにあるので、季語との取り合わせとしては少しうるさい感じに見えます。どちらか片方、あるいは比重を変えた方がいいかと。
・春雨や立てかけられた竹帚
・春雨を立てつぱなしの脚立かな

◆「立てた脚立」の「立てた」も、説明感が煩い感じがありますね。

◆「脚立に竹帚」については、もう少し語順や季語を推敲してもいいかも、です。
・竹帚傾ぐ脚立や春の暮

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

春雨や脚立に凭れる竹箒

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

この「立てた」は不要かと思います。寝てる脚立に竹箒は立て掛けられませんので、この脚立が立っている状態である事は書かずとも。
少し竹箒を擬人化させますが、「凭れる」くらいでどうでしょうか。

或いは「た」の韻を踏んで、

「竹ぼうき春の脚立に立て掛けて」

なんだか早口言葉みたいですね笑

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「春雨や立てた脚立に竹箒」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。何でもない光景を絵になりそう、詩になりそうと思うということがやはりちゃあきさんの才能なんでしょうね。あとはそれを詩にしていく、説明を排除していくということですね。私もそこを必死に勉強しています(^^♪
御句。イサクさんとおなじく、季語と脚立、季語と竹箒のどちらかを選択していくほうがいいかもしれないというのが感想でした(^^♪

そのままいくなら
春雨や脚立に立てたる竹箒
いや、
春雨や脚立に凭れる竹箒
この形で、秋沙美さんと同じになってきますね(^^♪

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

飛んでいけ魔女の一撃はたた神

作者名 裾野奈保子 回答数 : 5

投稿日時:

紫陽花賑わう閉店前のうどん屋

作者名 白南風 回答数 : 2

投稿日時:

広重の絵やベランダへ春の鳥

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春雨や立てた脚立に竹箒』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ