俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋風や結びの地なる翁の碑

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

水郷の大垣へ。

最新の添削

「秋風や結びの地なる翁の碑」の批評

回答者 げばげば

こんにちは
いつも勉強させていただいています。

差し水の句コメントありがとうございます。励みになります。
さて、御句、
蛤のふたみにわかれ 行く秋ぞ
ですね。芭蕉はどんな気持ちで結びの句を詠んだのでしょうか。今で考えても、車で行ってもなかなかの距離ですが、歩いて詠んで回るなんて。秋風が染みる句ですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

賑はへる街を眼下に花は葉に

作者名 長谷機械児 回答数 : 2

投稿日時:

炎天や流るる汗はすでに秋

作者名 負乗 回答数 : 5

投稿日時:

瓢亭の静かな朝の穀雨かな

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋風や結びの地なる翁の碑』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ