俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

海風の光りだすなり唐津城

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

故郷の海には敵わぬけれど

最新の添削

「海風の光りだすなり唐津城」の批評

回答者 よし造

拙句・・季語が立っていないという皆さんからもご指摘いただきましたが、確かにそうだと思います。どうも季語のことはあまり考えないところがあり、反省です。ありがとうございました。
御句・・季語にチャレンジですね。言葉を話して使うやり方は時々見ますが、風光るに「海」という特定をしたことの是非は私には分かりません。風光るの語感から言うと「光り出す」は、すこし違和感があります。「海風の光りてをりぬ・・・」でいいように思いますが。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「海風の光りだすなり唐津城」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

秋沙美様、こんばんは。
景がさっと浮かんで、良い句と思います。
しかし、「だすなり」ですかね…この句の是非は…
ふつうに、
「海風の光り出したり唐津城」
「海風の光り出しけり唐津城」
だと思うのですが…
「だすなり」に何か意図があるんですかね… うむ。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「海風の光りだすなり唐津城」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

唐津城まで来ましたか?いろいろ見て回っているのでしょうか?
まわりは海ですもんね。
海が光っているのでなく、海風が光っているというのに詩がありますね。
鐘が鳴るなり法隆寺 的な 中七でしょうか。動詞あとの「なり」

このままいただきます(^^♪

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「海風の光りだすなり唐津城」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

唐津城の風景は写真で我慢するとして・・・

季語が行方不明で、結構考えました。
去年の春風戦優勝句にもあった、季語をアレンジするパターンですね。
ただ、助詞「の」を入れたり「光り出す」と複合動詞にしたり、ちょっとやりたい放題すぎる感じもします。
「海風光る」あるいは「風光るなり」ぐらいにとどめておかないと、季語の季節感がわからなくなるのでは、と思いました。実際、初読で行方不明を感じましたし・・・

・海よりの風光るなり唐津城
・海風光る蒼天の唐津城

深く考えてのことならば、チャレンジ精神は買います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「海風の光りだすなり唐津城」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

秋沙診様 初めましてご指導ありがとうございます。
勇ましくは私も考えました。その方が素直な俳句になったのでしょうか。

これからもご指導をよろしくお願いいたします。

御句の感想はまだまだ初心者なので遠慮させていだきます。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「海風の光りだすなり唐津城」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。秋沙美 洋様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。佐賀県に来ましたか!旅俳句ですね。

私は季語がわからなくて、恥ずかしいのでコメントを躊躇していましたが、イサクさんのコメントでわかりました。
風光る、ですか!いい季語ですね。句の中に溶け込んでいたので気がつきませんでした。

お城にしては珍しく、海の近くにあるのですね。それを海風とお詠みになったのですね!海と城のコントラストが面白いです。

・風光る海に聳える唐津城

次はどちらに向かうのでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

弟がコロナの時に母が呼ぶ

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

初さくら縫い目の緩い推しの服

作者名 どきこ 回答数 : 6

投稿日時:

アイドルの卒業贈るサイリウム

作者名 いくたドロップ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『海風の光りだすなり唐津城』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ