俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

行き過ぎて振り向くきつと沈丁花

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「木の芽二三」に多くのコメント有難うございました。語順のご指摘が多く、私もそう思いました。
本句は沈丁花、どう詠んだらいいか迷いましたが、これでご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「行き過ぎて振り向くきつと沈丁花」の批評

回答者 中村あつこ

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
 頭と身体は連動してることを実感しております。一つづるけたら両方が、ガタガタですね。 ああ閑居の二人も同じです。一人の怠け癖も感染しますね。

 テレビをつけてると、一般市民の悲惨な様子ばかりが飛び込んできますよね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「行き過ぎて振り向くきつと沈丁花」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

なおじい様らしい直感的な句ですね。

この句の「きっと」は「間違いなく」ぐらいの感覚じゃないとダメですね。
もし「きっと」が「たぶん」ぐらいだと、沈丁花じゃない種類のわからない花を季語として詠んでいる可能性が発生するという・・・

というわけで曖昧な「きっと」は手放しましょうか・・・

・行き過ぎて振り向くあれは沈丁花

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「行き過ぎて振り向くきつと沈丁花」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句。いいですねー、匂いに二度見?二度嗅?するという。「きっと」に関しては、イサクさんと同じです。3音で何かできそうです。
行き過ぎて振り向く宵の沈丁花

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「行き過ぎて振り向くきつと沈丁花」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつも添削ありがとうございます
たった3音ですが
師匠方の
俳句の奥が深すぎて
俳句以前に
国語、文法の勉強をしなければ(笑)
俳句素晴らしいですね

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「行き過ぎて振り向くきつと沈丁花」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

 こんばんは。いつもお世話になりありがとうございます。
御句の感想です。沈丁花の名前は知っていましたが、どんな花のか分からず調べてみました。小さくて可愛らしい花ですね。
 頭の中で俳句を考えながら歩いていたら通り過ぎちゃったという感じでしょうか?振り返るだけでなく戻って確かめて見たらいいと思うのですけれど。
:行き過ぎて立ち戻りけり沈丁花

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「行き過ぎて振り向くきつと沈丁花」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

「きっと」について他の方と異なる見方をしましたので、間違っているかもしれませんが、記しておきます。句意は、「通り過ぎてからいい香りがした。多分沈丁花だと思うが、なんの香りなのだろう」ということだと思います。つまり振り返る仕草に確かめるという疑問形があるので、「きっと」は必要と思いました。
金木犀すら、断定できないことがありますから。
句全体とても俳句的情景と思います。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「行き過ぎて振り向くきつと沈丁花」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

なおじい様 おはようございます。
いつもご指導ありがとうございます。
確かに「いつもより」では工夫が足りませんでした。

沈丁花は香りと言いたくなるところをきっとという表現勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水仙や淡緑苦しおひるどき

作者名 犬飼代子 回答数 : 6

投稿日時:

横顔の祈るチャペルや花ミモザ

作者名 かぬまっこ 回答数 : 5

投稿日時:

布団干す気まぐる風の敵味方

作者名 東次郎 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『行き過ぎて振り向くきつと沈丁花』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ