俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

小石投ぐ氷の池のこつこつと

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

別パターン。読み直しではないです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

氷が張っているとなぜか割って見たくなりますね。女の子(女性)はやらないような。
素直に心に入ってくる句です。
池は必ずしもいらないと考えると

小石投ぐ氷を跳ねてこつこつと

重複表現になるかもしれませんが。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

暗渠の句コメントありがとうございます。鋭い指摘で、開けるまでしかないのですよね、目的が。実景でなく頭の中で詠むとこういうことになります。暗い暗渠の蓋を開けて光を差したい、早く暖かくなってほしいみたいなメタファーの理屈が走って、開けることに満足したかもしれません。
どんな暗渠かそのあとどうなったか、詠み手に見えてないものを受け手に届けられないですよね。ありがとうございます😆
しかし、なかなか春らしくはならないなあ。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

あ、続き書かずに送信押してしまった、再訪です。

御句。光景がよく見えます。
中七「を」でなく「の」がいいですね。「を」だと、石が鳴らしてるんですが、「の」だと氷が鳴ってるんですね。氷がクローズアップされた句になってくる。勉強になりますー😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

 こんばんは。今朝、目が覚めてから投句したことを後悔しました。にも拘らずコメント下さりありがとうございました。提案句もいいですね、とても気に入りました。
 昨日、365日季語手帖にイサクさんのお名前を見つけたので買って来ました。秀作おめでとうございます。げばげばさんが、どっかのコメントに書いていたのはこのことだったのですね。知らずに失礼しました。
 御句。げばげばさんと同じく僕も最初は氷の音だと思いました。でもそれだと「池の氷のこつこつと」になると思うので、やっぱり小石を投げて氷を割ろうとしたけど思ったより氷が厚かったので割れずに小石がバウンドして行く風景だと思いました。別パターンとのことで、ちょっと諧謔性を入れて来たのではないかと思いました。そう思うと主人公の心情まで垣間見るようでクスッと笑えます。解釈まちがっていたらすみません。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。今度は氷は割れないのですね。小石なので、コツコツとはじかれてしまうのですね。わかります。

そしてこれは、イサクさんから池の氷に対して、「春はまだですか〜?」と尋ねるノックの音なのですね?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

「こ」で韻を踏まれたのですね。
「氷の池」や下五の表現が気になりましたので、韻を踏むことがテーマだったのではないかと推測いたしました。
拙句「薄氷」の句へのコメント、添削ありがとうございます。詠んだ時の句会で、主宰ではありませんが、参加者からの句評で同じ指摘をいただきました。さすがですね。ちなみに主宰にはもっと大胆に添削されました(笑)。内容は内緒ですけど。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは😊
いつもお世話になります。
最初「こつこつと」が、平凡かなと思いましたが、韻を踏んでいる訳ですね… 池の氷の厚さ、質感がすごく良く伝わってきて、圭句だと思います😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

イサク様
難しい事がわからない私です。申し訳ございません。何故、小石を投げたのかわかりませんが、イサク様が氷の池に向かって、小石を投げている景は想像出来ます。それから添削、手直し句ありがとうございます。イサク様のおっしゃる通り、メッセージ・ソングという歌を聞いて、感銘を受けて、殆ど衝動的に詠んだ句です。よく推敲もせずに、お恥ずかしい限りです。気をつけます。頭が悪いのでなかなか上達しません😭でも俳句も頑張りたいです。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再訪です!

けんけんぱ、コメントありがとうございます。
答え合わせしすぎ、想像してその映像になるように、ですね😆なるほどー、勉強になります!ありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「小石投ぐ氷の池のこつこつと」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。季語手帖の件、了解しました。教えて頂きありがとうございます。
今回の句はどうもまずかったみたいですね。天皇誕生日をお祝い申し上げると共に自分も同じ歳を重ねて来たのだなあ というくらいの軽い気持ちだったのですが、以後気を付けたいと思います。(^_^;)

点数: 0

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

笑劇のラブストーリー春の夢

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

焦がしたる鍋底洗ふ遅日かな

作者名 佐渡 回答数 : 6

投稿日時:

渋柿が日向ぼこの間甘柿に

作者名 日野寅馬 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『小石投ぐ氷の池のこつこつと』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ