俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝焼けの空雪の精霊屋根に舞う

作者 タルタルソース  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雪溶け水が屋根に落ちる音がまるで、
タップダンスしてる。様に聞こえた事を表現しました。

最新の添削

「朝焼けの空雪の精霊屋根に舞う」の批評

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。

とにかく俳句を作ってみることと、誰かにみせること、それができていますので第1段階はクリアです!

先のお二人から出ていますが、
五七五のリズムへの修正と、じつは夏の季語の「朝焼け」の問題のふたつは、上五を変えれば解決します。
なおじい様の「明けの空」がいいと思います。

難しいのは、この句は「雪が舞っている」というような句になっていて、コメントの「雪溶け水が屋根に落ちるタップダンスのような音」は全くわからないことです。
それを目指すならば、「雪解」のような季語を使って、音の要素も取り入れたほうがいいですね。
作り変えになりますが・・・げばけば様が提案句を出していますね。

別の提案句をば置いていきます。

・雪しづく屋根にリズムを刻みけり

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朝焼けの空雪の精霊屋根に舞う」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして。俳句ははじめてでしょうか?

褒めてくださいという言葉ですね。
575で俳句の形ができてます!雪の降る朝が映像として出てきました!

一方俳句として見ると、気になる部分はあります。せっかくなので書いておきますね。

まず朝焼は夏の季語になります。もちろん一年中朝焼はあるのですが、俳句を読む人は、夏から入り、あれ?雪?となり混乱することになります。
朝まだき、とか、暁の、とか、朝を表す言葉と変換するとよいかもしれません。

屋根へ舞ふ雪の精霊朝まだき

ただ、これは雪が屋根へ降る様子に読めますが、雪のしずくのタップダンスとは読めますんでした。

朝まだきタップダンスの雪しづく

雪雫という春の季語があります。これで言い表せてますか?紫がかった朝の空と雪雫がぽたぽたんぽたんと不規則にリズミカルに聞こえる感じを出してみました。

季語はいろいろ奥深いので、調べてみるとさらにおもしろくなりますよー。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「朝焼けの空雪の精霊屋根に舞う」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

タルタルソースさん、こんにちは。初めまして。なんだかカキフライが食べたくなるようないいお名前ですね(笑)。

御句拝読しました。
まず俳句は五七五が基本です。御句、「精霊」はそのまま「せいれい」と読みますか?
それですと、音数で、あさやけのそら(七)ゆきのせいれい(七)やねにまう(五)と、ちょっと頭でっかちですね。
これは、

・朝焼けの空雪の精屋根に舞う

ということでもいいのではと思いますが。

ただ、俳句は季語が一つと決まっています。御句は「朝焼け」が夏の季語で、雪とケンカしています。

これは、

・明けの空雪の精霊屋根に舞う

等で解決できると思います。

こうしているうちにも次のご投句がきましたね。すごい意欲的ですね。

他の方々のコメントを参考になさって、頑張ってください。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

空旅の尿意や夏の雲緩し

作者名 加良太知 回答数 : 0

投稿日時:

春暁や旅の土産のオルゴール

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

花過ぎや工事完了鍵掛ける

作者名 エイジちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝焼けの空雪の精霊屋根に舞う』 作者: タルタルソース
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ