俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

コンビニのあかりまぶしき霜夜かな

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

即吟は基本形

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「コンビニのあかりまぶしき霜夜かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

待機画面の句コメントありがとうございます。
そうなんです、自分で設定したスクリーンセーバなのに、たゆたってるのに感慨を持つというツッコみ入るかなと思ったらやはり。で、パソコンさわってるときじゃなく、ぼーっとしたときにふと現れるスクリーンセーバはわりと詩的と感じたり(*'▽')
いつもありがとうございます。

御句。霜夜兼題に変わりましたね。即吟は基本形でということですね。
寒い寒い霜夜に、煌々と照るコンビニ。灯りがあたたかさを表す対比ですね(*'▽')
では、提案句ではありませんが、基本形で。これじゃあちょっと類想感出してしまったかなあ。
霜の夜やコンビニの灯のやはらかし

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「コンビニのあかりまぶしき霜夜かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。
拙句に的確なコメントをいつも有難うございます。
御句拝読しました。夜遅くまでやっているコンビニは、遠くから見えるとホッとしますよね。共感します。
基本形とのこと、即座にこれだけの句が詠めるのは、やはり基本がしっかりなさっているからでしょう。見習いたいです。

御句そのままいただきますが、インスパイア句をここに置かせてください。

・コンビニの灯り頼りの霜夜かな

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

コンビニの煌々として霜夜かな

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんばんは😊
「なめんでねえぞ」の交通標語… うむ、ありそうですね😉

御句、漢語を使って、どシンプルにしてみました。
でも、季語、動きますね。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「コンビニのあかりまぶしき霜夜かな」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。ホバリングの句への御意見ありがとうございます。冬麗らを上五と下五のどちらに置くかは難しいところですね。初めて投句した「子の眉毛の句」のときに秋うららを下五に持って行った方がいいかもというご意見があったので今回も下五にしたのですが内容で選ばないといけませんでしたね。狙い過ぎ感はおっしゃる通りだと思いました。
さて御句ですが、まぶしきが少し霜夜に合ってないかなあという気もしますが、良い案も浮かびません。げばさんのご提案句に一票入れたいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

暖かきものに霜夜のココストア

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

イサクさんにしては語り過ぎ・説明し過ぎの句に思いました。
霜夜のコンビニならば看板なり外装なりが煌々と灯っているのは想像出来ますので、「あかり」も「まぶしき」も書かずとも。
「霜夜のコンビニ」と書けば言える内容に17音を掛けているように思いました。
霜夜のコンビニに何か一工夫プラスが欲しい所です。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「コンビニのあかりまぶしき霜夜かな」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

コンビニと灯りはつきものですが、「まぶしき」で霜夜と響かせようとしたのだと思います。プレバト流にいうと、この句の是非は「まぶしき」にかかっている。分からなくはないですが、主観に寄り添うより客観的な形容詞の方が好ましく感じました。
例えば「透きたる」。平凡ですが、他に思いつきませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「コンビニのあかりまぶしき霜夜かな」の批評

回答者 べいらふまにっく

句の評価:
★★★★★

イサク様
初めまして。
親身なコメントを頂いておいてお礼が遅くなり、大変失礼致しました。
つい先日まで俳句は高尚で自分とは縁遠い物と思っておりましたが、こちらのサイトに投稿したことがきっかけで、すっかり認識が変わりました。
今後ともご教授のほど宜しくお願い致します。

数年前になりますが、忘年会の後寝過ごして終電を逃し、真っ暗な夜道をトボトボ歩いている時にコンビニの明かりにとても救われた事を思い出しました。

点数: 1

添削のお礼として、べいらふまにっくさんの俳句の感想を書いてください >>

「コンビニのあかりまぶしき霜夜かな」の批評

回答者 オルカ

句の評価:
★★★★★

イサク様
いつも拙い私の俳句にご丁寧なコメントをどうもありがとうございます。
雪国札幌では、吹雪の時などはコンビニの明かりがとてもありがたい時があります。時には店内で吹雪が過ぎ去るのを待つことも。ただ買い物をするだけではなく、安堵する場所でもあったりします。
とても参考になる俳句でした。次回も楽しみに勉強させていただきたく存じます。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 1

添削のお礼として、オルカさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

霧雨に大工木を斬り中警備

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

置かれれば手を差し伸べる蜜柑かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

暁の街音乾く布団かな

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『コンビニのあかりまぶしき霜夜かな』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ