俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

卵酒呑みたしといひ葱うどん

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 風邪には卵酒が一番と昔から言われてます。でも葱たっぷりのおうどんに七味をきかせて食べてます。
 卵酒の句が沢山詠まれてるので、参加してみました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「卵酒呑みたしといひ葱うどん」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

◆下五「葱うどん」の「葱」に季語感が・・・存在感もありますね。
 ちょっと気になる季重なりですので、推敲を検討してみてください。
 提案句ではとりあえずそのままで。
◆「いひ」は「言ひ」だと思いますが、誰が言ったのか気になります・・・ご自身が言ったのではなさそうに見えますが・・・コメントからするとご自身ですか?
◆「~と言う」の「言う」は、よほど必要でない限りは省略できそうですよ。

・卵酒飲みたし食ぶる葱うどん
 ↑やはり季重なりのために主役が曖昧です・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「卵酒呑みたしといひ葱うどん」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。正直、今一つ意味がわからなかったです。ここからのコメントはイサクさんと少しかぶるところがありますがご容赦ください。

俳句では、卵酒が飲みたいと言うのにうどんを食べている。これがよくわからないです。卵酒なんか飲みたくないからうどんを食べるならわかりますが。
そもそも、どなたが飲みたいと言っているのかわからないです。

そうなりますと、これは、卵酒が飲みたいというより、飲んでみたいと口では言いながらも、作り方もわからないし甘いものより辛いものが好きなので、結局はうどんに走るという、そういう狙いの句でしょうか?それなら面白いですね。

・卵酒飲みたしされど葱うどん
・卵酒の効き目知りつつ葱うどん
・卵酒最強なれど葱うどん

葱うどんはそのまま使わせていただきました。提案三句とも、なんだか季語の卵酒が可哀想な気がします。私もうどん派ですが…。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

盤の香が時間が無いと刺す春よ

作者名 みつかづ 回答数 : 0

投稿日時:

敗戦忌擬してならぬと父言えり

作者名 エイジちゃん 回答数 : 0

投稿日時:

古里を置き去る車窓藤袴

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『卵酒呑みたしといひ葱うどん』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ