俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寄席小屋の文字の賑はひ冬灯

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日12月12日は「漢字の日」(「1212」を「いい字一字」と読む語呂合わせ)。
漢字の多い風景として思いついたのが寄席の入口。出演者の名前の名札が正面に掲げられ、この名札とは別に昼の部・夜の部の番組が掲示され、さらに、主任の名前の幟が立てられ…。この暑苦しいほどの文字の密度も賑わいの演出ならば、夏よりも冬にふさわしい景色ではなかろうかと。(それとも、正月のテレビ中継で刷り込まれただけか…)

寄席に行った経験は、新宿末廣亭と浅草演芸ホールに、両方合わせても片手で収まる程度の回数。ここの落語好きの方々には敵いませんが…。

最新の添削

「寄席小屋の文字の賑はひ冬灯」の批評

回答者 ちゃあき

機械児さん、こんばんは。点滅す~の添削どうもありがとうございました。~す如きは自分でも何だか変かなぁと思っていましたが、機械児さんのコメントを読んでスッキリしました。文語表現や文法等まだ分からないところがありますので、今回の様な御指摘を頂くと大変勉強になります。今後ともよろしくお願いします。御句について、なおじいさんやイサクさんの提案句もいいと思ったのですが、やはり秋沙美さんと同じく原句のままが情緒あって一番良いと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寄席小屋の文字の賑はひ冬灯」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。長谷機械児様、いつもお世話になってます。

御句、寄席は以前はよく行きましたが、コロナで行かなくなってからはとんとご無沙汰しています。落語はほぼ毎日ネットで聞いていますが、一度足が遠のくとダメですねー。

さて御句、「寄席小屋の文字」を「寄席文字」とさせていただき、季語も、もうそろそろこれ使ってもいいかなと思い、変えさせていただきました。口語体ご容赦ください。

・寄席文字の誘う賑わい年の暮

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「寄席小屋の文字の賑はひ冬灯」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。いいですねー、橘右近さんの書く、寄席看板やメクリの文字には魅力的な力があり、それが冬の賑わいを表すような感じがします。「賑わひ」との合わせもいいなあと思いますが、「文字」で中七しめたいですね。イサクさんの提案に一票です。
活気のある年の暮れ、活気のある寄席小屋が戻ってくるといいなあという心持が湧いてきました(*'▽')いい句です。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「寄席小屋の文字の賑はひ冬灯」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

寄席小屋の文字に着目したのは良いと思います。間接的に、演者が集まる楽屋の賑わい、お客さん達の賑わいも想像出来ます。
語順、色々いじって3パターンくらい考えて比較してみたのですが、原句が一番でした。
このまま頂きます。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

子らと呑むときはこのごろ薬喰

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

七半のいつもの道に薫り立つ

作者名 金太郎 回答数 : 0

投稿日時:

梅雨晴れの浜へ長椅子運びをり

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寄席小屋の文字の賑はひ冬灯』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ