俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

合格を知らせるメール冬の雲

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 受験生の孫からまず一通、合格の知らせが届きました。爺婆はひとまずほっとしました。これも日記俳句です。

最新の添削

「合格を知らせるメール冬の雲」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

おめでとうございます!受験って本人はもちろん周りの方もやきもきしますよねー。一安心ですね。あとは本命狙いなのでしょうか?
「冬の雲」は青い空でもあり、灰色のたちこめる雲でもあり、どちらにとるか悩む句にもなりますね。どんどん成長して自分から離れていくことへの不安にも読めました。合格したことをこの先の不安のようにとらえている。
ということで、みなさんのおっしゃる通り、気持ちの良い季語を選んでおきたいですね(^▽^)/おめでとうございます!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「合格を知らせるメール冬の雲」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。
お孫さんの合格おめでとうございます。喜びを共有できて嬉しいです。

そんな喜びの句にコメントも提案も無粋のような気がしますが、道場ですのでお伝えします。
まず、「合格を知らせるメール」これは「合格の知らせ」または「合格のメール」でいいのではと思いました。
また、下五の季語「冬の雲」。あつこんさんは青空に浮かぶ白い雲をお詠みだと思うのですが、どうも私は、「冬の雲」というと、どんよりと重く垂れ込めた暗い雲を思い出してしまうのです。そうすると、合格のおめでたい気分に似合わない。
そこでこのように考えてみました。

・合格のメールにほっと冬青空

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

合格のメール孫より冬日和

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

季語の選び方、「知らせる」の使い方に関してはなおじいさんに大体同意です。
せっかくなので孫は入れたいと思い、提案句としてみました。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「合格を知らせるメール冬の雲」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。おめでとうございます!

だいたい出ていますね。
特に季語の件は、日記として残す俳句とするならば、せっかくなので「冬でもあたたか」な季語の方がいいかもですね。
先にコメントしている三名ともそういう方向の季語ですね。
冬日向、冬青空、冬日和・・・

私からは変化球を置いておきます。

・合格をメールで祖母へ受験生

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

薄野を搔き分け辿る三角点

作者名 04422 回答数 : 6

投稿日時:

芋煮会消防団がまつかつか

作者名 長谷機械児 回答数 : 4

投稿日時:

逃げる猫ファラオに追われハロウィーン

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『合格を知らせるメール冬の雲』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ