俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

傷心の友とブランコと夜長と

作者 ハオニー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

彼女に別れを告げられて傷心の親友を公園に呼んで、ブランコに乗りながら愚痴を聞いてあげよう
という句です

補足
愚痴の内容がこの一句に入っていないのは、「フラれた」と書いたのは想像する楽しみが減ると感じたからです
秋じゃなくてもいいじゃないか、と言われることでしょう
でもこれは去年の秋の体験談ですので、私は秋の句としたいです

悩みどころ
季語2つ(夜長・ブランコ)が成功しているか?
並列「と」の多用で映像が思い描けるのか?

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

失恋の友とブランコと夜長と

回答者 よしはむ

ハオニーさん、こんにちは。
いつも添削ありがとうございます。

一読した感じだと、「友」と「ブランコ」と「夜長」にどのような関連があるのかすぐにわかりませんでした。

フラれたと書くのは説明的すぎる(想像の楽しみが減る)ので、あえて書かなかったということですが、ここは、わかりやすさを優先して、「失恋の友」としてみました。
おそらくこれで、わかりやすくはなったと思いますが、陳腐な感じにもなってしまったので、俳句の推敲は難しいところです。

どちらが良いのか、他の人にも意見を聞いてみたいと思います。

点数: 2

添削のお礼として、よしはむさんの俳句の感想を書いてください >>

傷心の友とブランコに乗る夜長かな

回答者 りんごのほっぺ

「と」を多用する元句でも十分面白い句だと思います。
愚痴を言う友の言葉を、ブランコに乗りながら静かに聞く作者。
とつとつと愚痴を言う友と、ゆるく漕がれるブランコ。そんな光景でしょうか。

添削というよりは、言葉遣いを変えたら映像がどう変わるかなと実験してみました。
傷心の友と作者が一緒に並んで、無言で夜のブランコをぐいぐい漕いでいます。
慰める言葉も思いつかなくて一緒に勢いよく漕ぐ作者さん。
その二人を秋の夜長が包み込んでいます。

点数: 2

添削のお礼として、りんごのほっぺさんの俳句の感想を書いてください >>

「傷心の友とブランコと夜長と」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃夜長は秋の季語✨ブランコは春の季語です。なのでどたらか一つにした方が無難かな…。

🔷傷心の友と長椅子と夜長と

ブランコを長椅子に変えました✨(*^^*)🎶

指摘事項: 季重なり

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

扁額の不折の揮毫黄水仙

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

丸ビルの一樹の灯る夜の秋

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

宵闇や蛇腹のびたる手風琴

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『傷心の友とブランコと夜長と』 作者: ハオニー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ