俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

きんつば二つ金婚の日向ぼこ

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まずは類想ど真ん中、和菓子と日向ぼこ。
父母が結婚50年。
お祝いとかそういうわけでもなく、いつもどおりいつもどおりと父母は行ってました(*'▽')

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「きんつば二つ金婚の日向ぼこ」の批評

回答者 鬼胡桃

おはようございます。そしてお久しぶりです。
最近仕事が忙しくて間を開けてました。
句を読みまして、7音10音だと解釈しました。
私は破調が好きなので目に止まりました。
[きん]つばと[金]婚の韻を踏んでるのも良く感じました。
しかし、他の方の意見とかぶりますが、金婚ときんつばがぶつかりあって季語の日向ぼっこが脇役になってると感じました。
俳句は季語が主役ですので金婚かきんつばどちらかで日向ぼっこと取り合わせると丁度良くなると思います。
あと句を投句しましたのでコメントお願い致します。
投句した季語の句は今年はこれでラストにします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「きんつば二つ金婚の日向ぼこ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「金婚」「きんつば」のふたつの要素が喧嘩していませんか?
どちらかに寄せた方がよいような・・・

コメントから措辞を拝借して・・・

・金婚やいつもどおりの日向ぼこ

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「きんつば二つ金婚の日向ぼこ」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

お久しぶりです。
ご両親、金婚式だったんですね。
「日向ぼこ」でほのぼのとしたあたたかいご夫婦であることが浮かんできます。「きんつば」「金婚」と「きん」が並んでおめでたいかんじがしますね。「二つ」はなくていいように思いました。
金婚の今日もきんつば日向ぼこ
「今日も」で「いつも通り」なかんじが出るかなと思ったのですがどうでしょう。

「月食や…」の提案句ありがとうございました。いつもあたたかいコメント励みになります。
毎日投句し続けているげばげばさん、ほんと尊敬しかないです。ちょっと休んでしまいましたがまたがんばります!

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「きんつば二つ金婚の日向ぼこ」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
御句を拝見して、一瞬我が家のことかと思いました。「きんつば」も「金婚」も「いつもとおなじ」も。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「きんつば二つ金婚の日向ぼこ」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

初読の印象はあまり良くありませんでした。「きんつば」「金婚」「日向ぼこ」要素三つが忙しい感じがして。
「きんつば+日向ぼこ」「金婚+日向ぼこ」と二つに分けて詠んだ方が良いかなと。

しかし金婚という語を形容詞的な使い方をし、「金婚の日向ぼこ」というワンフレーズとして成立しているので、現状でも良いのかなとも思えてきました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「きんつば二つ金婚の日向ぼこ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
拙句「母一人」にコメント有難うございました。やはり説明っぽいですかね。勉強になります。
御句、まずはご両親のご金婚おめでとうございます。我々は、金婚の句は詠んだものの、実はまだまだです(笑)。
御句、とてもいい感じの句だと思いました。和菓子の種類はいくらでもありますが、金婚ときんつばで韻を踏んでいて面白いですね。
ただ、欲を言えば、リズムが、原句では七五五になっていますが、できれば五七五のほうが読み手も気持ちがいいのではと思うのですが、私だけでしょうか?

そこで提案句ですが、

・金婚のきんつば二つ日向ぼこ
・金婚を祝ふきんつば日向ぼこ

こんな風に考えました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「きんつば二つ金婚の日向ぼこ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

アドバイスありがとうございました。参考になりました。御句、金婚と日向ぼこを後に持って来たのは良いと思います。七五五調の句ぼくはわりと好きなんですよ。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

猫の恋お客のいない珈琲店

作者名 あかり 回答数 : 1

投稿日時:

鳥の巣をいじるな鴻巣の駅長

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

溢れ出た涙も氷る霜夜かな

作者名 堀籠美雪 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『きんつば二つ金婚の日向ぼこ』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ