俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

手をあぶり酒肴あたたむ焚き火酒

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いします。
またまたキャンプ編です。

見つめる、爆る音だけでも、すーっとどこかへ誘ってくれる焚き火ですが
実用もばっちり、手を伸ばし暖をとり
スルメ温め、燗もつく!!

手あぶりではなく、手をあぶるとしたので季語は避けられてますでしょうか。
また、酒肴はままのツマミだけでなく、話もお酒のアテとなるとも含んでおります。

友人知人、また初見の方とも
焚き火を前に一献かたむけながら絆を深めていきたいものです。
お酒好きがばれますね💧

最新の添削

「手をあぶり酒肴あたたむ焚き火酒」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

なおじい様のコメントが当を得ていると思います。
十七音に言いたいことを詰め込み過ぎている感じがします。

俳句は、自分が言いたいことを入れすぎると、逆に伝わらないことが多いです。
 見直すときに「季語+要素ひとつ」ぐらいまで絞り込むという御検討を。
◆なおじい様からもそれっぽい疑問が出ていますが、複数人で語っているという景には見えず、ひとりで呑んでいるような風景に見えます。
◆冬の季語「焚き火」に「手足や体を温める」の当たり前なので、上五「炙る」と言いかえていますがあまり効いていません。省略してもよいのではないでしょうか?
◆酒肴「あたたむ」も同じく省略できるかも。こちらは構成次第でしょう。
 この「酒肴」に「他人との会話」は感じませんね・・・
◆「焚き火酒」とは存在する言葉でしょうか?調べても出てきません。
 造語としては面白いですが、一瞬で「焚き火」ではなく「酒」が主役になります。これは面白いので残してもいいのかも。
 季語「焚き火」としては微妙ですが、酒を温めるなら別の「燗酒」という季語はあります。

ということでなおじい様の提案句とは別方向へ

・焚き火して肴炙りつ酒飲みつ

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「手をあぶり酒肴あたたむ焚き火酒」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

よした山月さん、こんにちは。
御句の感想と提案句を置かせていただきます。

御句、お気持ちはよくわかります。焚き火を囲み、暖をとりながら、何か酒の肴を焼いたり温めたりして酒を楽しむ。いいですねー。そんなこと、やってみたいです。キャンプやバーベキューとかならいけそうですね。

御句の感想ですが、他の方もおっしゃっていますが、短い五七五の中に動作が二つ入っているからでしょうか、なんとなくバタバタしています。もともと、自然の一瞬の情景を客観的に切り取るのが俳句の醍醐味であり、動作(何かをする/した)の報告ではありませんので、それが二つもあるとうるさくなります。せめて一つにした方がいいと思います。

提案句ですが、

・車座の真中に酒と焚き火あり

これで、焚き火を囲んで酒を楽しみながら仲間で語り合う様子が見えませんでしょうか。

あれ?一人キャンプでしたっけ?お仲間いましたよね?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「手をあぶり酒肴あたたむ焚き火酒」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

なおじいさんの添削めちゃいいですね。車座ということば初めて知りましたー!悔しいけど、借りちゃお。
車座の真中の酒や大焚火

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

稲刈りの済んだ地肌に見惚れおり

作者名 水越里絵 回答数 : 4

投稿日時:

紫陽花や素肌の湿る森の風

作者名 佐渡 回答数 : 8

投稿日時:

冬紅葉人の往来絶えてなほ

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『手をあぶり酒肴あたたむ焚き火酒』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ