俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

時ならぬ焚き火の理由古手紙

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「白菜の葉の取り分け」には多くのコメント有難うございました。
「焚き火」で投句します。焚き火にはさまざま思い出があります。最近は煙を気にして、思うように出来なくなりました。

最新の添削

「時ならぬ焚き火の理由古手紙」の批評

回答者 よした 山月

なおじいさん、こんばんは
ありがとうございます。

ご指摘の
「闇夜をさく」とはどういうことですか?
「焚き火の華」とはどういう意味ですか?火の粉ですか?
結局、「闇夜の焚き火はきれい」と言っているだけなのですね。

あえて今回は詳細をのせず、毎度の伝わらなさを実感しようとのことでした。

さくは「咲く」(華が)にも、「割く」(火花が暗闇を)にも
自身としては捉えています。
また、暗闇の中の揺らめく炎や飛び散る火の粉を
自分の感性としては華ととらえました。

皆さんには、捉えきれてもらえなくとも
「火花な飛び散り」や「闇の中の焚き火はキレイ」と繋がっていただけたならば
今の私の実力としては妥当だと実感できました。

もちろん、さらにもっと深い意味を込められるようになりたいと思います。
ありがとうございます♪

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「時ならぬ焚き火の理由古手紙」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

古手紙を燃やしている、と解釈すればいいのでしょうか?

「時ならぬ」「理由古手紙」などが理屈っぽく見えてちょっと辛いかも・・・です。
それは冬の季語「焚き火」ではなく、単なる「焼却処分」です。

「焚き火のついでに燃やす」というならばOKだと思いますが・・・

・古手紙焚き火にくべて縁を切り

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「時ならぬ焚き火の理由古手紙」の批評

回答者 らりこ

句の評価:
★★★★★

なおじい様
いつもお世話になっております。
焚火へ手相の句に添削ありがとうございます。
確かに今はちょっと焚火するのも難しくなってきています。でもそれでも焚火してまで燃やしたかった古手紙。私は好きな句です。
どんな古手紙なんだろうと色々と想像出来ます。

点数: 1

添削のお礼として、らりこさんの俳句の感想を書いてください >>

「時ならぬ焚き火の理由古手紙」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。再登場です。
ロマンスカーのコメントありがとうございます。
赤いロマンスカーでした、快適です。一度おためしを。
そうですえ、重複感ありますね。山に入っていくと冬木立があったというのが、当たり前のつながりの報告感になるのだと思います(*'▽')
夢を乗せというのも面白いですね(*'▽')ドラマにするなら、夢を乗せの方じゃなく、季語の方を冬銀河と夜の景にするのもあったのですが、まだまだ推敲できそうです(*'▽')なおじいさん添削的にいくと。
ロマンスカー都会を抜けて冬銀河
街抜けるロマンスカーや冬銀河
いつもありがとうございます(^▽^)/

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「時ならぬ焚き火の理由古手紙」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、毎回ありがとうございます。
朝焼け、うっかりしました💦

最後の5悩みました。
千一夜、少し大げさかな、ままの言葉よりも千一夜物語に引っ張られてしまうなと
結局以上の言葉がでず、まだまだ語彙が少ないんだなとあらためて思いました。

提案句ありがとうございます。
勉強になります!

点数: 1

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「時ならぬ焚き火の理由古手紙」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

改めまして句の感想も伝えたいと思います。
今以前の手紙というよさ、秘めた思い
その人の歴史、と自分事のように色々な思いが感じとれるようでした。

私の場合ですと手紙が写真となりますが(笑)

私の世代的に手紙は中々書かないと思われますが、個人的には人に伝えたい思いがある際は、書くようにしています。
いまだにラヴレター派ですし💦

そういうこともあってか、すごく印象に残る句でした。

点数: 1

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「時ならぬ焚き火の理由古手紙」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句、焚き火は何かを消滅させるにはもってこいですね。
「理由」は気になりました。焚き火をしたのは手紙を燃やすためです。という説明が漂うからです。

友からの古き手紙や夕焚火

手紙と焚き火を取り合わせて、燃やすのか読んでるのか、それは書かない方がいいのかなあ。理屈説明にならない方が好きです!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「時ならぬ焚き火の理由古手紙」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます。
手あぶりの句、動作はいくつも入れすぎない方が伝わるんですね

それから「自然の一瞬の情景を客観的に切り取る」とのこと覚えておきます!

細かいこというと
焚き火を前にあれやこれや皆と語らい
皆が寝てしまった後に
手酌しながら思い返していた場面でした(笑)
余計諸々つまりすぎですね~

点数: 0

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

焚き火へと君に出し損ねの手紙

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

古手紙を燃やすために時ならぬ焚き火をしています、という理屈っぽさが気になります。
「時ならぬ」「理由」この辺りが理屈っぽさを漂わせる原因だと思いますので、この辺を整理してみたいです。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

天の川列車の旅に思い馳せ

作者名 ドキ子 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨晴れ間ぬって草取りしにしにきけり

作者名 04422 回答数 : 0

投稿日時:

終電に誰か焼き芋抱へをり

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『時ならぬ焚き火の理由古手紙』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ