俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

くろかみの肩に流るる春の雨

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

黒髪の人は減った。

最新の添削

「くろかみの肩に流るる春の雨」の批評

回答者 めい

竜子様。外国では、黒髪と黒い瞳が人気です。
少しづつですが、アジアンビューティーを意識している人が、増えてきて、一時期のような、どこ見ても茶髪、金髪は、減ってきてるようです。
でも、若者 は、一度は、茶髪、金髪に憧れるみたいですね。
一種の変身願望でしょうね。
スタイルは、変わらないのに。
黒髪というと耽美小説の世界を思います。平安時代もそうですよね。
現在では、「君に届け」の爽子ですね。
読み手は、美人を想像しちゃいますね。
御簾、扇で、女性は顔を隠します。
男性貴族は、女房の噂話に頼るしか、なかった時代。しかし、この女性は、外にいますね。
振り向いた時の女性を想像しちゃいます。
あ、今、気がついたのですが、秋の雨、夏の雨、冬の雨でもいけますね。
ながながと、下らない、話、申しわけございません。🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「くろかみの肩に流るる春の雨」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様こんにちは。
どんどん作句なさってますね!
御句、動作を入れたく思いました。

佇みて肩にひとすじ春の雨

歩みゐて肩にひとすじ春の雨

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「くろかみの肩に流るる春の雨」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様こんばんは。
詠み直し句佳いですね。
流るるが春の雨にかかっていなくて良い感じです。
もう一度ご投句されてみてはいかがでしょうか?
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

やられたらやりかへすまで冷奴

作者名 負乗 回答数 : 6

投稿日時:

焚き火の音吐露した声に応じけり

作者名 慈雨 回答数 : 4

投稿日時:

初冬や痛し痒しの初白髪

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『くろかみの肩に流るる春の雨』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ