俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ペポ南瓜ばあばも魔女の黒ワンピ

作者 小西晴菜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

実家の近くに保育園があり、行き帰りの親子連れをよく見かけます。
88歳の母が、黒っぽいワンピース姿で、庭先をほうきで掃いていると「魔法使い、はっけーん」の声と笑い声が。
その日は保育園のハロウィン遊びの日で、子どもたちは仮装で登園とのこと。母は「お菓子でも用意しとけば良かったね」と笑っていましたが、竈門炭治郎と仮面ライダーとドラキュラのお母さんが慌てて謝っていました。
「ハロウィン」は季語ではないようなので、鑑賞用かぼちゃのペポを使ってみました。

最新の添削

「ペポ南瓜ばあばも魔女の黒ワンピ」の批評

回答者 はや

なんて楽しいハロウィーンの句!
魔女に仮装してハロウィーンのイベントに参加するお茶目なおばあちゃんが浮かびました。
「黒ワンピ」の言葉が軽やかでいいですね。ワンピース姿の88歳のお母様、きっと日頃からおしゃれな方なのでしょう。よその子に「魔法使い!」の言葉に笑ってあげられるところもステキ。
「ペポ南瓜」は初めて聞きましたが、可愛らしいこの句の雰囲気にとてもよく合う言葉だと思います。小西さんの言葉選びが本当に好きです。

「文化の日…」へのコメントありがとうございました。気に入っていただけてとても嬉しいです。
今日はこちらもよく晴れています!
どうぞステキな祝日をお過ごしください。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ペポ南瓜ばあばも魔女の黒ワンピ」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

これは僕個人の考え方ですが、歳時記俳句の偉い先生が勝手に「これは秋、これは冬」と言っているだけに過ぎません。例えハロウィンが歳時記に掲載されていなくとも、10月31日の空気感を感じる事は十分に可能です。
つまるところ、作者が「これは季語ハロウィンの句です!」と言い張れば、それはハロウィンの句です。それを良しとする読者もいれば、けしからんという読者もいる、ただそれだけの事です。
他者からの評価も大事ですが、同じくらい自分の感覚も大事にしたいですね。

前置きが長くなってしまいました。
この句も結構好きですよ。ハロウィンの代わりとして季語「ペポ南瓜」との事ですが、取り合わせとしてハマってますね。
「ばあば」「黒ワンピ」これらの可愛らしい語感が、ペポ南瓜の持つ可愛らしさと響き合っています。
僕だったら「魔女めく祖母の…」などのように詠んでしまいそうですが、ポップな言葉で綴った原句の方が遥かに素敵です。
添削無しで。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「ペポ南瓜ばあばも魔女の黒ワンピ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

小西晴菜さん、初めまして?今晩は😊
楽しそうで良いですね。
 私なんぞ国粋主義なので(笑)、ハロウィーンとか無縁ですが、仮装はほんと面白そうですね。若かったらやってみたいですね。
「ペポ」って何ですか…分かりませんが、楽しいことは、良いことです。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「ペポ南瓜ばあばも魔女の黒ワンピ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ハロウィン、歳時記に掲載されております。使いましょう。

とはいえこの句は上五をそのまま「ハロウィン」にしてしまっては、中七「魔女」と近すぎです。
季語「ハロウィン」を避けたことで、逆に「ぺぽかぼちゃ」と「魔女の黒ワンピ」の対比が生きてより良い句になりました。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「ペポ南瓜ばあばも魔女の黒ワンピ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
さようならの句コメントありがとうございます!

エピソードも梨、柿両方の提案も最高でした😆エピソードの気持ちと季語の力を感じますね。柿ならきっぱりしてなかったのかも。おもしろい😆いつもありがとうございます♪

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ペポ南瓜ばあばも魔女の黒ワンピ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

そして、御句のこと書いてなかった。
ぺぼ、ばあば、ワンピ、どれを取っても軽やかで、梨したむ、なんて詠まなくても、もっと力抜いた措辞を!と勉強になります😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ペポ南瓜ばあばも魔女の黒ワンピ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。小西晴菜様、いつもお世話になってます。

御句、なんて面白い句でしょうか。
ペポ南瓜はなんのことか分かりませんでしたので調べました。あのお化けみたいに加工するかぼちゃのことですね?あのかぼちゃは本当にあるのですね。勉強になりました。
かぼちゃといえば、いつも煮物か天ぷらしかお目にかからないものですから…。
「ばあばも魔女の黒ワンピ」。肩の力が抜けていて、それでいてセンスのいい言葉選び。勉強になります。

ちなみに、私は昨日、一日中投票所に座っていましたが、セーラー服の有権者は来てくれませんでした。残念ですが、考えたら日曜日。
期日前の時の方がチャンスはあったかもでした。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ローカル線車掌の指呼に夏銀河

作者名 山口雀昭 回答数 : 2

投稿日時:

鷄を揚げケーキ焼く間に賀状書く

作者名 なおじい 回答数 : 29

投稿日時:

この坂を上れば彼の春も尽く

作者名 ひじき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ペポ南瓜ばあばも魔女の黒ワンピ』 作者: 小西晴菜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ