俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋光に星の瞬く水面かな

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

たった今の写生句。
ほんといい天気です。

最新の添削

「秋光に星の瞬く水面かな」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、比喩句ですよね。
秋光だし、太陽だけでなく、秋の景色が水面に映り込んできらきら瞬くような感じ。隠喩攻めですね。合ってますか?負乗さんのこれまでの句とは違う感じでこういうのも好きですね😆

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋光に星の瞬く水面かな」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
拙句「スマホ星座」にコメントありがとうございます。
 孫の教材タブレットにあったそうで、スターチャートというアプリ入れたら、スマホをかざした方向の空に星座の絵柄や星の名前が出るんですよ。楽しいですよ。お勧めです。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

星空を浮かべて長き夜の湖面

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「秋光」と聞いて思い浮かぶのは、山の紅葉、実った田んぼ、オレンジに染まる夕暮れの街…などが主になると思います。そこへ行くと「星の瞬く水面」という夜の風景は、「秋光」とあまりそぐわないのでは。
原句の助詞「に」も、上五を説明しているような印象を受けます。
そして「秋光」「星の瞬く」この二つも似たような事を言っているので、散文っぽさに拍車を掛けていると思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋光に星の瞬く水面かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

御句の「星の瞬く」は比喩ですかね? 季語「秋光」は昼の太陽の下の季語ですよね?

秋の太陽の反射光が水面(池?湖?川面?)に瞬いているという句だと受け取りました。細波の立つ水面のイメージです。
その上で「星の瞬く」は太陽光の反射の暗喩としてはちょっと避けてもよいのではないかと・・・「如き」などを付けて直喩にするならばなんとか・・・と思いました。

・秋光や川面煌めく星のごと

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

庭の隅ふわりと飛立つ蚊の赤子

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

ハーケンを打つ音響き山眠る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

孫たちの声に紛れる初音かな

作者名 シゲ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋光に星の瞬く水面かな』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ