俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

リレー戦勝利の帰路に金木犀

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私にとって、運動会には金木犀の薫りが必須です。運動会を入れたら、季語が二つになるので、リレーとしました。勝利の夕(ゆうべ)だと切れてしまうので、下校時ということで帰路にしました。 金木犀は6文字になりますが。

最新の添削

「リレー戦勝利の帰路に金木犀」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

金木犀ってとても素敵な匂いですね。この匂いは思い出を鮮明に脳裏に植え付ける力があるのでしょうね。きっと、みなさんそれぞれ思い出があることでしょう。

あつこんさんはリレーの勝利なんですね。
イサクさんと同じで「帰路に」がちょっと気になります。
帰り道という場所にある金木犀という感じがして、金木犀の広がりもちょっと狭い感じですかね。
リレー戦勝利の帰路や金木犀 とカット切れしてしまうのも一つです。

または、勝利したかどうかもちょっと季語に預けたくもなります。

リレー戦終へて金木犀の帰路

勝ったか負けたかわかりませんが、その帰路を金木犀の香りが包んでいます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「リレー戦勝利の帰路に金木犀」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

あつこんさん、こんにちは。
いい感じのペースでご投句なさっていますね。

御句、あつこんさんは金木犀がお好きなのですね?ほのかながら存在感のあるいい香りですよね。

御句を拝読して、素直な情景が浮かび、コメントを拝読して爽やかな好ましい印象を抱きました。なぜかというと、色々と推敲なさっているのに、「考えすぎてこねくり回した感」のない、自然な感じに仕上っているからです。金木犀の「香り」がキーになる句なのに、季語の力を信じて「香る」という動詞は省いておられますね。

提案句、一応置かせてください。
・リレー戦凱旋祝う金木犀

しかし原句のままでいただきたいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「リレー戦勝利の帰路に金木犀」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

あつこんさま、秋の美しい情景が見えるとても素敵な句だと思います。
何気ない通学路からの金木犀の香り、そして鮮やかな金木犀の木が徐々に見えてくる様子が本当に勉強になります。

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「リレー戦勝利の帰路に金木犀」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

まず、コメントの「リレー戦勝利の夕金木犀」、よいのではないでしょうか。
「リレー戦(の)勝利の夕」という意味で繋がっていますので、三段切れというわけではありません。
どちらかといえば「帰路に」という部分が説明的になっており、そちらが気になりますので言い替えたいです。

もう一点。
「リレー戦」という一般的には使わない名詞。
音数をあわせるために無理に作った造語っぽい感じをなんとかしたいです。
「徒競走」「騎馬戦」「玉入れ」「綱引き」などではダメですか?

・徒競走勝利の夕金木犀
・騎馬戦の勝利の余韻金木犀

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

みづのえの吉野染めいそぎて落花

作者名 イサク 回答数 : 20

投稿日時:

片栗の花一輪は西を向く

作者名 世良日守 回答数 : 1

投稿日時:

しとしとの梅雨の風景豪雨へと

作者名 博充 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『リレー戦勝利の帰路に金木犀』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ