俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

十字架の十字に光る秋の空

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

クリスチャンではないですが、
屋根の十字架にはこころに触れるものがあります。

最新の添削

「十字架の十字に光る秋の空」の批評

回答者 はや

「十字架の…」の解説ありがとうございました。改めて読むと「十字架が十字に光っているなあ」とちゃんと読めます!コメントを書いた時点では自分の中での思い込みが強かったのかもしれません。文法も丁寧に解説してくださりありがとうございます。句意とは違う解釈をしてしまい、大変失礼いたしました。
「寝待月…」の添削もありがとうございました。提案句の「おしやべりつきぬ」いいですね!「とまらず」とかは考えたのですが、「つきぬ」の方が楽しそうな雰囲気が伝わりますね。子どもは未就学児が3人いて、いつも賑やか(うるさい)です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「十字架の十字に光る秋の空」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

屋根の十字架、秋の空にまぶしく光り輝いていそうですね。
「十字に光る秋の空」って切れているのでしょうか切れていないのでしょうか…。勉強不足ですみません。
切れていないように読めてしまって、秋の空が屋根の十字架に映り込んでいるのかなあと思いました。そうすると空が映り込んだ十字架の背景にも空、というかんじで、焦点がぼやけてしまうように思いました。壁にはめ込まれたような大きな十字架なら、視界に空はないけれど十字架に秋の空が映り込んでいて美しいなあ、と読めるかなと思いました。
見当違いの鑑賞でしたらすみません。

「秋日和…」の添削ありがとうございました。
句意と語順の必然性が自分の中であまり掴めていなくて、皆様からのコメントを読みながら勉強させていただいています。
いつもあたたかく励ましてくださりありがとうございます。これからもがんばります。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「十字架の十字に光る秋の空」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

花瓶の句、コメントありがとうございます。
子どものころから俳句の目を持っていたなんて、今もまだ俳句の目を鍛えたいと思っているくらいで褒めすぎですが、今のこの秋の季節にどんなことがあったかと言われると思いだすシーンではありました。

さて、御句。まだによし造さんがおっしゃる「・・・石段のはじめは地べた?」これですね。いつも見慣れていることにはっとする感性。十字架は十字なのは当たり前なのですが、あ、十字架が十字に光ってる!という改めての発見ですね(*'▽')よし造さんのおっしゃるこれが俳句的発見なのであれば、私は、こういう発見好きです(^▽^)/

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「十字架の十字に光る秋の空」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。よし造様、いつもお世話になってます。
拙句「花野の父母」に温かいコメント有難うございました。よし造さんも同じような体験なさっていたのですね。

御句、情景すごくわかります。
先日、古墳のある公園に散歩に行ったとお伝えしましたが、その高台から白い建物が見えました。見るからに教会なのですが、屋根には十字架がなく、一本の棒が立っているだけ。不思議に思いながら園内の散歩を続け、妻に「さっき教会みたいな建物が見えたのだけど、屋根に棒が立っているだけで、十字架がないんだよ」と伝えましたところ、「何言ってるの?あれでしょ、大きな十字架が立っているよ」と。
えっと振り返ると、そこには秋の空を背景に白亜の教会があり、屋根の上には大きな十字架が燦然と輝いていました。
何のことはない、私が見たときは、その教会を真横から見ていたので、十字架がただの棒のように見えたのですが、妻が見たときは正面に回り込んでいたのでくっきりと十字架に見えたということです。

よし造さん、御句の場所をお借りして私の体験談を語りましてすみません。
よし造さんの句があまりにも心に響きましたので、思わず長くなってしまいました。
良句を有難うございました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「十字架の十字に光る秋の空」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「十字架の十字に光る」が当たり前に見えてしかたなく・・・
みなさんのコメントを読んでも変わらず。
「十字架光る」じゃダメでしょうか?

はや様のコメント『「十字に光る秋の空」って切れているのでしょうか切れていないのでしょうか…』どっちに受け取ってもアリの形です。
作句者として「絶対に切って詠んでほしい」場合は、音数調整して「や」で切ったり、語順を調整して上七最後を名詞にしてしまう人もいます。
この句の場合は、終止形だとしても取り合わせで「秋の空が屋根の十字架に映り込んでいる」のイメージを抱くのは間違いではないと思います。

ということで、コメントの意図も汲んで提案句です。
・屋根上に光る十字架秋の空
・屋根上の十字架光る秋の空
・秋空や銀の十字架光る屋根

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「十字架の十字に光る秋の空」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
句を読みまして、十字架とありますので十字はいらないと感じました。
私はコメント見るまでは十字架のネックレスかなと感じました。
あとお願いがあります。今回のよし造さんの句の十字架から自分なりの句を1つ思いつきましたので、投句してもよろしいでしょうか?よろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寄れねども芳しきかな蓮の花

作者名 コウ 回答数 : 5

投稿日時:

神となる淀ちゃんという名の鯨

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

車窓より春の初風頬なでる

作者名 めい 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『十字架の十字に光る秋の空』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ