俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

向日葵を壊さぬやうに触れてゐる

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

気丈なお前だから心配なのだ

最新の添削

向日葵や壊さぬやうに触れてゐる

回答者 イサク

こんにちは。
コメントありがとうございました。おっしゃる通りらしくないので、通常営業の準備開始です。

御句、「ゐる」が私の句と同様に変更可能かな・・・と思って最初は見ていたのですが、それよりも季語を含んだ散文調がアリかどうか、という方に手を咥えたくなりました。
中七下五は(季語が関係ないわけじゃないですが)自分の意思行動なので、じゃあ切った方がいいかな・・・と。
提案句はかぬまっこ様に先を越されています。開くか閉じるか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「向日葵を壊さぬやうに触れてゐる」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。秋沙美 洋様、いつもお世話になってます。

御句、初読の感想ですが、秋沙美さんのことですから、いまさらひまわりの植え替えをしようとか、種取り作業をするとかの句ではないだろうな…。中七は「倒さぬように」ではなく「壊さぬように」だし、下五も「引っこ抜く」とか「種ほじる」ではなく、もう「触れてゐる」し…。

そう思ってコメント拝見しましたら、やはり…。

ひまわりは、太陽に向かって色鮮やかな大輪の花を咲かせることから、明るく元気で強いイメージがありますが、その実(私は以前書きましたが)、結構一本では風などに弱いのです。場合によってはしっかり支えてあげないと、ボキッと倒れてしまうことがある、繊細な一面を持ち合わせています。

秋沙美さんのこの句は、その辺のところを全て飲み込んでのものだと拝察しました。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「向日葵を壊さぬやうに触れてゐる」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは(*^^*)
お久しぶりです。お名前は俳句ポスト等で拝見しています。

向日葵を擬人化されているのですね。気丈な彼女なのでしょうか。

切れをいれてはどうでしょうか。

向日葵やこはさぬやうにふれてゐる

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「向日葵を壊さぬやうに触れてゐる」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

ロングパットの句、コメントありがとうございます!
そうなんです、ロングパットと蝉しぐれを持ってきて、「静か」という言葉を使わずに、打つ前の瞬間の静けさを表したかったんですが、ロングパットと蝉しぐれだけで表しきれたのではないかと思い、残りの5音で何をするかという迷いが、無駄な詰め込みになってしまいました。添削「挑む」という措辞や、よし造さんの「息をのむ」という空気感など、緊張感をうまくもってこられたらと反省しています(*'▽')

御句、初読、向日葵という力強い存在にふれる様子にいたわりのやさしさを感じました。これは向日葵のことでもあり、ひまわりのような存在のだれかともとれる。いろいろな読み方が想像できる素敵な句だと感じました。

向日葵だけでない誰かも想像して詠まれたのでしょか(*'▽')

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「向日葵を壊さぬやうに触れてゐる」の批評

回答者 ダック

句の評価:
★★★★★

秋沙美様
こんばんは。早速教えて頂き有り難うございました。よく読んで考えて、出来るだけ早く身につけるようにしたいと思います。
有り難うございました。

点数: 0

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

「向日葵を壊さぬやうに触れてゐる」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・ありがとうございます。語順はご指摘の通りです。下五を字余りにしたくなかったので。汚れた川を離れて綺麗な川に出て行くということなので、川を離れるでいいと思ったのですが。油に汚れているのは岸ではないですし。ただ、お二人が同じ指摘をされているので、私の独りよがりの可能性が高いですね。反省しないといけません。
御句・・向日葵も種類が豊富なのですが、大輪のロシア向日葵を考えると私にはもろさや弱さが感じられません。堀文子の向日葵のように枯れても立っています。どこにもろさを感じられたのか知りたいと思いますが、秋沙美さんの感性を否定するわけではありません。むしろ、強さの中にもろさを見る感性は素晴らしいと思います。なお、上五を「を」にしているので、触れているのは作者ではないと考えると、疑問が増します。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「向日葵を壊さぬやうに触れてゐる」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

涼み床の句にコメントありがとうございます。
「高慢」に「フレンチ」、まさにご指摘の通りのことを心配していました。
面白味もない単なる悪口のようになってしまったし、再考の必要ありですね^_^;

こちらの句、女性の暗喩として見るとJPOP頻出ワードを並べたようでややありきたりに感じてしまいました。
とはいえ恋の歌であるなら自分の気持ちを捻らず表現し、その結果王道ど真ん中になってしまうのも良いのかなと思います。
向日葵の句であると考えると意外な脆さに注目するのは面白く思えました。

点数: 0

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

十八の娘の運ぶ新茶かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

正月や客をもてなす諭吉かな

作者名 銀水 回答数 : 1

投稿日時:

コンと鳴くあいつのどこだ麦の秋

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『向日葵を壊さぬやうに触れてゐる』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ