俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夜の空に浮きし灯るや雪螢

作者 オルカ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんばんは。今回もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
雪が大好きで札幌に住むことになった私は、雪を知らせる虫(札幌では「雪虫」と呼ぶそうです)に、昨年初めて出会いました。
その姿は、白いチュチュを纏った可愛らしい姿で、暗い場所でそっと手に乗せたことがあります♡
雪好きからすると、この虫が飛び始めると、ぽっと心に「もうすぐ雪が見られる」という暖かな気持ちになることを詠みました。
「きみ」いれば良かったのですが、あいにく仕事中に雪虫に出会ったので残念…(・・;)

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

最新の添削

「夜の空に浮きし灯るや雪螢」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、きれいな光景ですね。
中七は雪蛍に含まれてそうですね。
夜の空を(より)雪螢 で言い得てそうなので、7音で何かできそうです。

オルカさんの句ですし、
君を待つ夜の空より雪螢

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夜の空に浮きし灯るや雪螢」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

中七「浮きし」という言葉が文字通り?浮いてしまっています。
なぜここだけ過去形なのでしょうか?

過去形もそうですが「浮きし」は連体形でもあり、ちょっとそれも繋がりがおかしいですね。

・夜の空に浮きて灯れる雪螢

 ↑この句をストレートに直すならこんな感じです。
ただ「雪螢」を観察して紹介している句のような感じですので、いっそそうしてしまった方がいいかも。

・雪螢夜空に浮きて灯りけり

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「夜の空に浮きし灯るや雪螢」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。オルカ様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。「雪螢」とは、綿虫よりも雪虫よりも情緒的な呼び方ですね。そういう光景を私は目にしたことはありませんが、さぞや幻想的でしょう。

御句については、イサクさんが完璧な添削をなさっていらっしゃいます。「浮きし」に違和感を持ったのは同じでした。
あと、「浮く」と「灯る」という二つの動詞があり、ちょっと落ち着かないという感じもありました。どちらかに思いを集中したいと思いました。

私の提案句は次のようなものです。

・ふわふわと夜空に浮かぶ雪螢

「灯る」は言わなくても、雪螢が自然発光してくれるのではと期待しました。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

日の光透けて見ゆるや白躑躅

作者名 博充 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

寒き朝粗目のような霜柱

作者名 タルタルソース 回答数 : 3

投稿日時:

ジェット機や雲の峰より高く飛び

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夜の空に浮きし灯るや雪螢』 作者: オルカ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ