俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

炎天や人工池にはしゃぐ声

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先週末、某ビル街の広場にて。「いいのかなぁ、こんなところで…。いくら暑いからとか、子どもだからとか言ってもさ…」と思っていたら、じきに係の人が飛んできて親が怒られてました。

最新の添削

子等はしゃぐ噴水にごる辱暑かな

回答者 卓鐘

蜘蛛巣および野良猫の句コメントいただきありがとうございます。
蜘蛛の巣は、本当にただただ蜘蛛の巣を詠んだだけなんですが、駆け出しの擬人化の効果かそれぞれの未熟さを喚起させるものになってしまいましたね。(それはそれでいいことで、自分の駆け出し感がこもった句になりました。)

野良猫のコメント「一読の印象が運命の別れ道」はまさにご指摘通りだと思います。自分でわかっているとすぐ目が曇るんですが、皆様から指摘いただいたことが的を得ていると思いますし、ぼんやりダメと思っていたことが明確になりました。
「禍根を残す?」そんなことは(僕は)あり得ません。別に何を言われても、言われたことに大して、それは違う・納得できるなどはあリますが、その人に大して感謝こそしても、恨みや怒りを持つなんてことはなく。違うと思ってそれお言いたくなった時は違うと思うとは言いますけど。

御句、「炎天」と「はしゃぐ声」はうっとおしさがあるというのは皆様のご意見に賛同します。「人工池」が悩ましいのも同意見。かと言って噴水持ち出すと、夏の涼になって炎天とバッティングする。あえて季重なり調整の提案句。提案句というか、コメントの内容を僕が詠むならって感じですかね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「炎天や人工池にはしゃぐ声」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確で温かいコメントありがとうございます!

この句いいですね!
池ではしゃぐ?ん?炎天という季語でいくのかな?いいのかな?と思ってましたが、読み込みながら、これはなおじいさん、怒ってるんかな?その池ではしゃぐなってことかな、そういうことか!?だから炎天か!と思ってコメント見ると、やっぱり怒ってましたね。

そうなると、人工池が少しため池のように見えて誤読しかけたので、思い切って、「ビル街の池」とか「ビルの水場」とか、そこではしゃぐな感が出た方がスムーズなのかもしれません。あとは、中七「に」は検討できるかもです。

炎天やビルの水場のはしゃぐ声

うーん、水飲み場みたいになってしまった。

炎天のビル街の池はしゃぐ子ら

なおじいさんの句意に沿いますでしょうか?うーむ、うまく行ってない気がする。これでは、少し楽しそうな感じかもしれない。天気予報に流れる子どもの噴水のたわむれみたいになってしまった。提案句として掲げることはできなさそう。やはり原句、助詞「に」もその場所に、人工池という場所「に」とピンポイントの場所をあえて表しにきているのかもしれない。原句そのままがいいのかもしれない。頭の中をかきすぎて、わちゃわちゃ行き来してしまいました、私の鑑賞、、、m(__)m

しかし、いろいろなお子さんや親御さんがいらっしゃいますね、なかなか遊び場がなくて大変ですが、いろいろなことにも目を配りたいですね。
てっきり、係りの人ではなく、なおじいさんが行ってる光景の方が目に浮かびましたね。「おいおい!そこは水浴びする場所じゃないよ!」

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

炎天や噴水池にはしゃぐ声

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・いろいろ想像して頂いてありがとうございました。
御句・・俳句の基本形で表現された良い句と思います。こういう素直な句は好きです。
「に」はこれでいいと思いますが、人工池は広義過ぎると思ったので「連想類語辞典」(これ便利です)を引いてみると噴水池がありました。これだと叱られそうですし。
そこだけを変えたのが掲句です。

点数: 2

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や人工池にはしゃぐ声」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

げばげば様からもありますが、季語「炎天」に不愉快な感覚が乗っているようで、いい季語の置き方になっていますね。
「はしゃぐ声」との取り合わせの違和感がうまく出ているように思います。

「人工池」こちら、コンクリート護岸の溜め池のようなイメージです。
街の中のブロックで作られているような池でしたら他の何か・・・と思っていたらよし造様から良い提案がありました「噴水池」、イメージはぴったりですが、ちょっと季語っぽいのですよね。そのままでいいのかどうか?

こういう、しっくりくる日本語を探すのも俳句の醍醐味ですね・・・

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

炎天や人工池にちゃっかりと

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんにちは😀
いつも長いコメント頂けて嬉しいです。感謝します。
「臨終の言葉の如く〜」の句、なおじいさんが想像して貰った通り、"呼びかけ"のようなイメージも意図の一つでした。ありがとうございます。

さて、御句ですが、やっぱり叱られていた訳ですね(笑)
子供の遊び声で、ほのぼの、涼しそうでいいな…という情景にも読めますね。
親が叱られた、という最後のオチまで仄めかすのはなかなか難しそうですね…
"手直し句"で「ちゃっかり」を入れてみました。どうですかね…

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や人工池にはしゃぐ声」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

よく見る光景ですね。
子供さんは楽しそうですがルールってあるので保護者の方はちゃんとしてほしいですね。

句の方は夏を感じられる句だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や人工池にはしゃぐ声」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます。
私の大好きな俳人で中村苑子という方がいるのですが、その方が無季や破調の句を沢山詠まれてるんですよね。

この冥き双ひ鳥かな山河かな
いつよりか遠見の父が立つ水際
藪の中北窓が開き相逢ふ椅子

美しく、そして確かに俳句である意味があると思うのですがいかがでしょうか。
私の無季句が全然ダメなのは私の俳句の腕がからっきしで、そのくせあれこれ挑戦したがるからなのです。
宇宙人の解釈まさにそれです。
そこまで理解を深めていただいてなお微妙なのはやはり句自体に問題があるのでしょう。
いつの日か四季のない世界を見事に表現してみたい、けど季語や五七五のリズム、俳句の基礎も大切にしていくつもりです。

こちらの句はイサクさんの噴水池に一票です。
が「噴水で遊ぶ(ような非常識な)子供を(そんなことはつゆ思わず)微笑ましく見ている句」とも取れてしまう気も。
イサク様に批判と俳句は相性が悪い。理屈っぽくなるから、といったコメントをいただきましたが、なるほど難しいですね…。

点数: 1

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や人工池にはしゃぐ声」の批評

回答者 オマちゃん

句の評価:
★★★★★

なおじい様

初めまして。
興味深く拝読致しました。
「はしゃぐ声」で、子ども達が無邪気に楽しそうにしている光景がすぐに思い浮かびますね。こうした素敵な表現、勉強になります。
コロナ禍で迎えた2回目の夏休み。子ども達も思いっきり遊びたいのでしょう。もちろん、規律は教えなければいけないですが。

点数: 1

添削のお礼として、オマちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や人工池にはしゃぐ声」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再登場失礼します!

しゅほしゅほの句コメントありがとうございます!
パリ五輪確実なんて、とんでもない(笑)まだまだ勉強中です。金メダルをもらってた卓鐘さんやみなさんの爪のあかを煎じて飲みたいくらいです。

今回は「夜の秋」が先に決まったのがよくなかったですね。この涼しい夜を「夜の秋」としたかったんでしょうね。季語から作ると頭がやわらかくできなかったというか。
季語とハンドソープとオノマトペしか入っていないことに気づかず、その先の展開が静かにハンドソープを入れ替えているような光景しか浮かんでこず、広がりや面白みがもう少しあっても、ってなりましたね。季語を固定せずに、季語で、その幅を作るべきでしたね。気を付けます!

本日は旅支度ですか。気を付けていってらっしゃい!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天や人工池にはしゃぐ声」の批評

回答者 知世

句の評価:
★★★★★

お世話になっております。
ルサンチマンもディストピアも知らなくていい世界かも…。
でも例えば芥川龍之介あたりの俳句とか読むときなんかに、そういうものが好きな人間の気持ちが分かるとより楽しく?読めそうですね。
短歌ですが石川啄木とかモロにルサンチマンの人ですし。

さて添削いただいた句、とても良いです!
より具体的な光景が浮かびそうですね。
中七下五を先に思いついて付けた季語なのですが、青田風を分解したの正直自分でも無理がある気がしてました^_^;

点数: 0

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

銀翼が春風起こす新ルート

作者名 そうり 回答数 : 3

投稿日時:

なだらかな猫のお腹や日向ぼこ

作者名 ささゆみ 回答数 : 7

投稿日時:

記念日は手帳の中に年の暮

作者名 慈雨 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『炎天や人工池にはしゃぐ声』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ