俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

丑過ぎの独居の半額鰻かな

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

何時に食ふても旨き物なり

最新の添削

「丑過ぎの独居の半額鰻かな」の批評

回答者 74

こんにちは。添削・批評ありがとうございます。
肉巻きも美味しいですよねアスパラ。旬のものはただ炙っても美味しそうで、皆さんのコメント見てたら食べたくなってきました。
内容のわりに10音の塊になって悩みました…ご指摘ご最もです。定型の方が素直に読めますね。勉強になります!

御句は最初「丑三つ時…」などの丑だと思いました。好きな時間に好きなように食べるのは独居の特権ですね。
土用の丑の日の丑のことと鰻で気付かないとダメなのですが、私は皆さんのコメントで気付きました。きちんとヒントを散りばめつつ哀愁漂う詩を構成する力に感嘆としています。
中八ですが、半額鰻の7音に無意識に移行して読むからか気になりませんでした。の〜のと調べが心地よいからですよね。
詠手がどのような独居の人物か、読手ひとりひとりに委ねられているのもいいですね。若者か未亡人か老人か…色々と想像してストーリーを膨らませられますね。良い句だからこその魅力と思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「丑過ぎの独居の半額鰻かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして、秋沙美さん、げばげばと申します。比較的最近このコミュニティに参加させていただくようになりました。まだまだ駆け出しなので、いろいろご指導ください。

秋沙美さんの過去の句もいろいろ見せていただきましたが、独特な句風をお持ちで、発想も含め、とても勉強になります。「一番に成れずとも良し夏蜜柑」など、かなり面白い取り合わせだなと読ませていただきました!

さて、御句拝読しました!
初見、少し悩むところがありました。中八の「独居」という言葉が強くて、鰻を詠嘆しているようで、「独り」ということに鑑賞のスポットが当たってしまいました。
土用の旬が過ぎて半額になっても、鰻は旨い!という句なのか、独り身なので、半額の鰻で十分なのだ、ということなのか、「独居」という措辞が飛び込んできて迷ってしまいました。

コメントを読むといつ食べても旨いということだったので、前者なのかなと思ったり、でも「独居の」があるしなあと。

丑過ぎの値下げ鰻も鰻なり

独り身の卓の半額鰻かな

そこで提案句です。「丑過ぎ」という措辞があるのかは不明ですが、土用明けでは季重なりになりそうですし。前者鑑賞と後者鑑賞の2つの句となってしまいました。浅学のため、鑑賞力不足かもしれません。またご意見などいただけたらありがたいです!よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

独居して半値の土用鰻かな

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。秋沙美 洋様、いつもお世話になってます。

拙句「誕生日」ご評価ご添削に加えてお祝いの言葉まで有難うございました。

振り返れば、私が「虚空蔵拝して土用鰻かな」という駄句を揚げて秋沙美さんほか皆さんがご評価くださったのがちょうど1ヶ月前です。

御句、コメントの「いつ食べても美味しい」というのは心から同感です。高いからそう頻繁には食べられませんが、土用の丑の日だけでなくてもいいですよね。

御句、「独居」や「半値」と味わいのあるフレーズがあってユニークですよね。ただ、上五の「丑過ぎの」が意味はわかるのですが今ひとつ不自然さを感じてしまいました。

提案句は、「ある期日を過ぎた」という措辞は入れなかったのですが、半値を生かしましたので、そこは伝わるのではないかと…。

昨日、私の家の近くの鰻の名店、持ち帰りが3時間待ちで、行列の女性が倒れて救急車で運ばれたらしいです。やはり「丑過ぎの半値」が狙い目ですかね?(笑)

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

丑三つの独り釘打つ鰻かな

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「丑過ぎ」、下五の「鰻」にたどり着くまでは時間かと思いますね。狙っての語順でしょうか・・・時間の意味でも句は成立はしますね。

秋沙美様の定番措辞「独居」なのですが、初めて見るとインパクトがあるんですかね?げばげば様が動揺しており・・・そこは逆に、私の方が慣れで読んではいけなかったかも?と反省します。

そんな時間に・・・という遊びの句を置いて去ります。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

土用明け病院食の豚料理

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

ご無沙汰してます。
まず句が季重なりかなと最初は考えましたが、土用明けでは季語となってしまいますが、丑過ぎでは季語にならないので問題ないと分かりました。
あと、中七が八音なのが気になりました。
添削でなく改作になりますが、句を手直しした句に入力しました。土用の時は鰻と基本は言われてましたが、今では鰻ばかりでなく豚や鶏でも夏バテ解消と注目してるので鰻に囚われずに豚料理を下五に入れてみました。いかがでしょうか?
あと、季節外れですが、星月夜の句を投句したのでコメントお願い致します。

指摘事項: 字余り

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「丑過ぎの独居の半額鰻かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再登場失礼します!

「独居」とは秋沙美さんの定番措辞でしたか!だから、「秋沙美結衣の居ぬ地球」とか「星野結衣」さんの話が出てきていたのかー、なるほど。知らずに動揺して、せっかくのユニークの水を差してしまいましたね。

そう考えると「丑過ぎ」は「土用明け」というより丑の刻過ぎに食べているような秋沙美さんの背中が見えてきた。イサクさんのおっしゃる通り、釘を打つ…。いやあ、改めてこの句とともいイサクさんの返しにも笑ってしまいました(笑)(笑)

再登場お邪魔しました!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

珈琲は運命の鍵秋終へる

作者名 鉄道員 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨寒や宗盛公の命乞い

作者名 白南風と黒南風 回答数 : 1

投稿日時:

シヨツピングカートいつぱいの夜長を

作者名 げばげば 回答数 : 14

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『丑過ぎの独居の半額鰻かな』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ