俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

青鷺の驚かぬよう最徐行

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

類想句でしょうか。そこのけそこのけ、的でしょうか。最近あまり田圃にも来なくなりましたが。句には関係ありませんが、ラッキーバードのようです。

最新の添削

「青鷺の驚かぬよう最徐行」の批評

回答者 知世

いつも丁寧なコメントありがとうございます。
「みんなして」の句はどうも「欄干の上」が危なっかしいイメージになってしまうようで悩ましいです。
さわやかな夏、と感じていただき嬉しいです^_^

こちらの句、私はまずイサク様と同じように道路脇の田に青鷺がいるのだなとイメージしました。
ですが74様の解釈を読んだら成る程そうか「そこのけそこのけ」だしなあ、とも。
どちらが正解でしょうか?
最徐行が説明的、というイサク様のコメントは私も同じ意見です。

物思ふ青鷺の横徐行せり

「最徐行」無しで青鷺への気遣いが表現作できないかなと考えてみたのですが…余計な語が増える結果に。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「青鷺の驚かぬよう最徐行」の批評

回答者 74

句の評価:
★★★★★

こんにちは。いつも勉強になります、拙句へのコメントありがとうございます。
波の花シリーズは一旦終了としましたが、皆さんの指摘を受けてから考え直すのはとても勉強になります。でも本当は自分である程度絞ったり推敲できなきゃなんですよね…精進します。

御句ですが…徐行するということは道路の真ん中にでも悠々と立っていたのでしょうか。退かんと轢くぞ〜と思いながらブレーキじわじわかけてしまいますよね。それにしても青鷺、田んぼや川辺にいる所ばかり見かけるので珍しい光景ですね。いや読みが正解であればですが…
中七の「驚かぬよう」は重複描写になりますかね。「最徐行」でゆっくり・慎重な運転と思えるので…あ、でもこれだけだと電車の運転かもしれませんね。
青鷺やハンドル握り最徐行
こうすると伝わる描写になりますかね?

点数: 1

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

「青鷺の驚かぬよう最徐行」の批評

回答者 たきさん

句の評価:
★★★★★

こんばんは。拙句へのご教示ありがとうございます。共感していただいて嬉しいです。散文的な表現を脱することが私の課題です。これからも勉強です。

点数: 1

添削のお礼として、たきさんさんの俳句の感想を書いてください >>

青鷺の驚かぬやう徐行する

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

確かに「アオサギ」ではない類想句をどこかで見たような・・・?それは置いておきます。

私は、道路の横の田んぼか池か何かに青鷺がいると思いました(句意どおり?)。目の前の道路にいたら徐行でなくてストップ、あるいは避ける、とすると思いますので・・・

「最徐行」に説明感があるので、素直に「徐行する」の方が・・・
「アクセル離す」と言いたいのですが、五音でまとめるアイデアがなかったです。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「青鷺の驚かぬよう最徐行」の批評

回答者 黒猫

句の評価:
★★★★★

げばげば様
こんばんは。日傘の句の添削ありがとうございます。
やはり日傘をさして登下校していることは
一般的に知られているわけではないですよね。
そうなるときちんと「日傘の幅や」で強調してから
登下校の描写をするときちんと読み手に意図が伝わりますね!!
とても勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、黒猫さんの俳句の感想を書いてください >>

「青鷺の驚かぬよう最徐行」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
句のコメントありがとうございます。
コメントと添削の破調句を読みまして、
私は(溺死)という言葉で、水に関連するのは分かると思いますので、流るるは余分ではないかと思いました。
私なりに考えたのですが、私は句を作る時、説明にならない様かつ映像を持たせる為、句に固有名詞を使うのが多くなりました。その時の季語は、(時候の季語)という映像を持たない季語を合わせるようにしてます。
この考え方は間違えてないですか?
あとあれから考え、
鼠の句に手を加えたのを下記に記しました。
・炎昼や溺死鼠のひと並び
実際はキチキチの密な状態ではありませんが、溺死している鼠が2.3匹、間隔を空けながら、ながれていっていたのでひと並びしてるようになったのでこの言い回しを使いました。いかがですか?
あと、げばげばさんの句についてですが、他の方と被ってしまいますが、徐行はゆっくり曲がる意味ですから、(驚かぬよう)と被ってる風に私も感じました。

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

青鷺を脅かさぬよう速度下げ

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつも勉強させていただいております。

拙句「朝顔抱えて」他にご評価ご添削有難うございました。学ぶこと多であります。

さて御句、私は残念ながらアオサギって見た記憶がないので、よく見る白鷺でイメージしました。青田に凛とした姿は存在感がありますね。
青鷺はラッキーバードとも言われるとのこと、大事な情報です。そんな幸運のお使いを驚かせて飛び立たせたりしたくない。そういう作者の思いが感じられます。
なお、脅かさないようにすることと車の速度を落とすことは必ずしもイコールではないので、私には重複感はなかったですよ。例えば、脅かさないようにできるだけ早く通り過ぎてしまうという人もあるでしょうし、この際車を停めてそっと隠れて写真でも撮るか、という人もいるでしょう。
青鷺は少し離れた田んぼとかにいてこその句で、仮に道を塞いでいたら最徐行でも通るの難しいですよね。

そこで提案句ですが、「驚かぬよう」は「脅かさぬよう」にしました。これは私の感覚ですが、青鷺が自分で驚く驚かないは勝手だが、少なくても私が青鷺を驚かすようなことはやめよう、という意思を強めたつもりです。
次に、最徐行はこのままでもいいと思いましたが、ちょっと堅い感じかもと思い単純に「速度下げ」としました。

カルガモなんかが横断し始めたら、これはもう止まらざるを得ないですねー。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

信貴山の寅の張りぼて年迎ふ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

小分けした白菜と豚求めけり

作者名 ダック 回答数 : 5

投稿日時:

病室と秋の日香るこしあんぱん

作者名 たけたけ 回答数 : 7

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『青鷺の驚かぬよう最徐行』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ