俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

予告してあった「なんじゃもんじゃ」の句です

最新の添削

「なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ」の批評

回答者 なおじい

イサク様、拙句「夕焼けの稲村ヶ崎…」のご評価ご添削有難うございました。
夕焼けというお題を見て、「泉」では大失敗したので汚名返上を狙って、稲村ヶ崎から見た夕日の美しさを詠もうと。ところが、「夕焼けの稲村ヶ崎」で発想が止まってしまい、悩んだ末に、写真を見て富士と雲を「取ってつけた」ようになってしまいました。当然のようにご指摘いただきました。反省しています。

御句、驚きました。これも俳句!?
少し前にこの道場で旧仮名遣いについてお尋ねしましたが、やはりこういうときは、「じ」でなく「ぢ」なのか、というのも驚きでした。この木自体も知らなかったので、眼を丸くしてしまいました。勉強になりました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

もじゃもじゃのなんじゃもんじゃやなんとまあ

回答者 ささゆみ

句の評価:
★★★★★

こんばんは。なんじゃもんじゃという季語を初めて知りました。画像も検索しました。凄いですね。
雲が樹になったみたい。勉強になりました。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

「なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

初読で「なんとまあ」をどうにかしたいなと思ったんですが、しばらく読んでいたらこれはこれでアリかなと思いました。
理屈では評価しづらい句ですね…良いと思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

もじゃもじゃとなんじゃもんじゃの名に恥ぢぬ

回答者 喜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは~
体調はっきりせず、ご無沙汰しています。
なんじゃもんじゃ・・・季語として知らない方が多いようですね!(⌒∇⌒)
私のは、なんだかね~? で・・・ 
俳句として通用するかどうかわからないのですが・・・

点数: 1

添削のお礼として、喜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

返信あ理がとうございます!

>「すんなり入るだけしか認められない」・・・こういう決めつけた言い方を私がした>みたいに読めるので、できればやめてください。
これは本当に、すみませんでしたorz

>寓話にあるようなではなくあくまで寓話のような
はい。これは、理解できます。書いてて、突っ込まれそうだなぁとは思いました^^;
寓話という実態がない抽象表現なので、そのまま詩語としてすんなり入りますね。意味が全然違うという感覚もわかります。ただ、詩語としての趣は異なりますが、正確に表現するなら「寓話の世界の月」だと思ってます。(違うという主張は否定しません)

ここからは解釈の話になりますが、あの句は「野茨」の句だと思ってます。野茨の何とも魅惑的な香りが、寓話という世界を作っている。そこにある月だと。違うかもしれません。月とも詠めるし、野茨とも詠める。そこに魅力を感じてました。
で、僕の句は全く成功はしていないと自覚していると補足をしておきます。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
鮎の句への添削いただきありがとうございました。歳事記で鮎の季語を見て、父の鮎釣りによくついて行ったなぁ〜、すぐそばの河原でいろいろな1人遊びして待ってたなぁ〜などなどが懐かしく思い出されてしまい、句にしてみたいと思ってしまい、これは難しいからと諦めても、頭から離れずチャレンジしてしまいました。
過去を句にする事の難しさを勉強いたしました。

御句拝読させていただき、なんじゃもんじゃの木は、本当になんじゃもんじゃ!と思える事をあらためて納得出来ました。
なるほど!こう来たかぁ〜!こう詠むのかぁ〜‼︎ と感じました。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

なんとまあなんぢゃもんぢゃのなにはぢぬ

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「異国のような虹」のコメントありがとうございます。僕は、「異国のような虹」は全く違和感を感じないので、なぜ違和感を感じるという指摘となるのだろうか考察してみました。

「寓話のような月」これはなぜすんなり入るのでしょう。寓話の世界にありそうな月。異国にありそうな虹。何が違うのでしょう?
「異国のような海」これはおそらく違和感感じないでしょう。
「異国のような月」これは人によってん?となるかもしれません。

結論、「XXにありそうなYY」がピンと来るかどうかと思いました。イサクさんは、「異国にありそうな虹」が普段僕らが見る虹と何が違うんだ?というところに違和感を感じたのかなと思いました。僕には、異国の虹と日本の虹では全くイメージが違うので違和感がなかった。「寓話のような月」のイメージはできても「異国のような月」は日本の月と何が違うんだって思う人が多そうなのは理解できる。
そういう意味で、すんなり入ることも大事という指摘は理解できました。(最初はなんですんなり入らないのか全く理解できなかったので)

ただ、すんなり入るだけしか認められないのだったら、詩というものは死んでしまうというのが、僕の考え方ではあります。その句にとって損か得かはケースバイケースでしょうけど。先の句の場合、そこに引っ掛かりを感じる人が一定いることは傷にはならないかなぁとは思ってます。

*余談。別の句で「泉舐める」がおかしいという指摘をされていたかといますが、これも結構考えさせられました。「泉汲む」「泉飲む」は普通に例句がたくさんありますがこれにも違和感感じますでしょうか?「川を汲む」「川を飲む」は流石に変ですが。泉というものを湧き出た水そのものという捉え方をするかどうかと思いました。
(ちなみに、詩的な表現として、川を汲む、飲む、舐めるもありと僕は思います。)

御句と関係ない話が長くてすみません。
御句は一点の淀みもなく、言いたいことがストレートに伝わりました。
全部ひらがなにしたらどうだろ・・・あんまぁ思ったより効果出ませんでした^^

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・文法のご指摘、「西」の不要というご指摘、納得しています。ありがとうございました。
御句・・上五で決まった面白い句ですね。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★
★★

イサクさんの俳句を拝読しました。
発想が良くて、スゴイなと思いました!

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★
★★

イサクさんの俳句を拝読しました。
発想が良くて、スゴイなと思いました!

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

身籠れる母のかたちに春の月

作者名 耳目 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夏浅き宝島のサックス独奏

作者名 たーとるQ 回答数 : 6

投稿日時:

ビール注ぎ泡のほどよき仲間かな

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ