俳句添削道場(投句と批評)

翔子さんの添削投稿の古い順の264ページ目

「酒の名は知らずただ酔ふ夏の宵」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 酒の名は知らずただ酔ふ夏の宵

なおじい様
六日間の添削ありがとうございます。そうですよね、まだ六連勤はありますよね、十連勤かあ、三週間かあそりゃ確かに大変だなあ💦と、なりますよね、仰る通りでございます。さあ、今日も頑張ります、あと三日間なので…💦💪家の仕事も大変ですよね、私は、六連勤だからと、掃除と食事の手を抜いています、甘いのかも…💦

点数: 1

「雲の峰どこかが崩れまた育つ」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 雲の峰どこかが崩れまた育つ

久田しげき様
雲の流れを見るのは楽しいですよね、私は幼い頃から、寝そべって雲の流れを見るのが好きでした。最近は、母の影響で遠くで飛んでいる飛行機を見ます。夕方頃、2時間くらい見ていると50機以上飛んでいるのですね、母がそれを近所の奥さん達に話したところ、あそこの奥さんボケたのかしら?と言われたそうです💦思った以上に飛行機は飛んでいくのですね、私も初めて知りました。実家は屋上があり楽しいです、バブルの時に無理して建てたみたいです。父も母もとても働くので、もう返済したそうですが、ここが出来るまで、暫くはプレハブで暮らしていました。楽しい思い出です。父や母には感謝しきれません、父は亡くなってしまったので、今度は母を大切にしなければ、今度二人で、品川のアンナミラーズ高輪店に行きます。八月三十一日閉店なので混んでいるだろうな、寂しいな、

点数: 0

「吾の句集久しく開き蚊の骸」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 吾の句集久しく開き蚊の骸

久田しげき様
久しく開かないとそうなるものですね。この句をみて、姉の本早く返さなきゃ💦と思いました…💦久田様の句集はきっと宝の宝庫なのでしょうね、羨ましいです。

点数: 0

「うつくしき精霊うつくしき夏至よ」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: うつくしき精霊うつくしき夏至よ

負乗様
夏至の日の精霊、魔女、妖精、惹かれます。詳しくないですが、シェークスピアの物語にもありますよね。もう少し詳しく調べようと思いました。素敵ですね。それから青林檎の添削もありがとうございます。まだ若し等つけて…、年齢がバレてしまいますよね😓💦

点数: 1

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 白鷺のためだらうこの朱き橋

イサク様
紅白の取り合わせはおめでたい印象を受けました。深くわからずにすみません🙏💦それから、生け花の添削、ありがとうございます。夏の夜と淡き香りの花の取り合わせが好きですが、句にしようとするとなかなか難しいです💦

点数: 0

翔子さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

覚えたよミルクセーキの作り方

回答数 : 4

投稿日時:

白い朝沈思黙考絵画見る

回答数 : 1

投稿日時:

花の春梅香漂う吉野郷

回答数 : 3

投稿日時:

野の花よ青き可憐ないぬふぐり

回答数 : 1

投稿日時:

寝たきりの三月生まれ父の顔

回答数 : 1

投稿日時:

翔子さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

杉の山ぽつんぽつんと秋の色

作者名 菊花 回答数 : 1

投稿日時:

そこまでと友を見送る秋の空

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

三枚の銀のエンゼル晩夏光

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ