俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花の春梅香漂う吉野郷

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まだ今の時期ではないが、三月に母や娘と訪れた吉野梅郷。今はもう無い。また新しい名所を探そう。

最新の添削

「花の春梅香漂う吉野郷」の批評

回答者 森本可南

こんにちは。翔子さん。
花は、春の季語
梅も春の季語です。
私も季語でよく、失敗します。
これは、大丈夫だろうと思っていたら、思わぬ落とし穴に落ちて、落ち込んだり。
お互い、頑張りましょう

指摘事項: 季重なり

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

梅の香や吉野梅郷漂いて

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

吉野梅郷の伐採は2014年でしたか。行ったことはありませんが残念ですね。
添削句、梅が二度出てきて煩いかもですが、いかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

人妻の乳房露や冬薔薇

作者名 腹井壮 回答数 : 19

投稿日時:

春彼岸友と肩組む写真あり

作者名 芦川次郎 回答数 : 3

投稿日時:

山桜切株一つに二人かけ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花の春梅香漂う吉野郷』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ