俳句添削道場(投句と批評)

春亀さんの添削投稿の古い順の4ページ目

「かけこみの工事始まる寒終る」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: かけこみの工事始まる寒終る

こんばんは。
いつも添削、批評ありがとうございます。
虎落笛の句ですが、通常ならほっと一息吐く朝の時間が、外から聞こえる虎落笛や独りであるという実感から、不安、ざわつく心情、不協和音のような違和感、そうした負の感情で何とも言えない様子を描きたくああなりました。ただ、いなだはまちさんが感じられたように映像がないのでそこは悩み所ですね。

この時期の工事の多さには辟易することもありますが、寒終わるといえば確かにそうとも言えるなぁと思いながら、そういう捉え方もあるものだと読ませて頂きました。

点数: 1

「公魚の素肌に透くる水心」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 公魚の素肌に透くる水心

こんばんは。
虎落笛の句への提案ありがとうございました。
同じ季語を使った他の句はやはり勉強になりますね。紹介して頂きありがとうございます!

水心の是非とのことですが、私は魚心(公魚)あれば水心のイメージが強く感じられ、透くるとなるとパッと見で下心が透けてるかのような捉え方をしてしまいました。公魚と云えば氷や釣り穴といったものも合うのかなと、初心者ながらに考えました。

点数: 1

「公魚の素肌に透くる水心」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 公魚の素肌に透くる水心

連投失礼します。
布団の句、添削ありがとうございます。
リフレインもいい感じですね!
句のイメージに合っていてほんわかしました。

点数: 1

「試合果つ白球のごと月見草」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 試合果つ白球のごと月見草

初めまして、南風の記憶さま。

山際の句への添削、批評ありがとうございました。
吹けばと直接表現すると、感触と共に若草や萌え出た新芽の香りも届くようですね。とても参考になりました。

白球は様々な物に例えることができると思いますが、その中で月見草を選んだセンスに感嘆しました。野村監督に、合掌。

点数: 1

「公魚のてんぷら桜塩はらり」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 公魚のてんぷら桜塩はらり

こんばんは。
思わずお腹が鳴りそうな、旬のものを頂きたくなる句ですね。はらりとかけた桜塩が、香りを一層引き立たせてくれました。

点数: 1

春亀さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

言葉にて引っ掻く二人猫の恋

回答数 : 1

投稿日時:

折り紙で作る我が家の雛祭り

回答数 : 2

投稿日時:

春月を食べる狐や親子の手

回答数 : 3

投稿日時:

桶の中ぬばたまの夜氷解く

回答数 : 5

投稿日時:

縁側で日向ぼっこのまな板よ

回答数 : 2

投稿日時:

春亀さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ノルウェーのタコス頬張る熱帯夜

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

風薫る三振ショーのストレート

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 2

投稿日時:

名護蘭もポトス等にも苔敷いて

作者名 翔子 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ