俳句添削道場(投句と批評)

春亀さんの添削投稿の古い順の2ページ目

「客船は光る監獄冬の海」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 客船は光る監獄冬の海

春まけて、の句へのコメントありがとうございます。コメントを見て私も新たな物語が始まりそうな気持ちになり、捉え方の楽しさを感じました。

かこ。さんの句は時事や季節を逃さずよく捉えていて勉強になります。

点数: 1

「殿は日本の力士鬼やらひ」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 殿は日本の力士鬼やらひ

春まけて、の句へのご意見ありがとうございます。
確かにかぎしっぽ=猫は万人に分かる表現には足りないかもしれませんね。ただ、『しゃなりと猫が』など直接入れようとすると説明的になりすぎる気がして悩んでしまいます。いい表現があればよいのですが……。

様々なご意見、添削は大歓迎ですので、これからもよろしくお願いします!

点数: 1

「殿は日本の力士鬼やらひ」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 殿は日本の力士鬼やらひ

いなだはまちさん!
春猫のしゃなりと誘ふかぎしっぽ
春の陽気とつんと澄ました猫の艶やかなくびれが脳裏に浮かぶようです…!とても素敵でした!

点数: 1

「母の揚げし凧落としては泣く子かな」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 母の揚げし凧落としては泣く子かな

こんにちは。
灯油の句への添削ありがとうございました。
かこ。さんの季語への理解に「成る程」となりました。違和感を感じていたのはそこの描写だったのだと納得でき感謝です。

親子の微笑ましい光景が浮かぶ句ですね。子どもからしたら本気で泣けることでも大人から見ると微笑ましくなってしまいます。

点数: 1

「ぶつたぎるあぶるぶちこむ根深汁」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: ぶつたぎるあぶるぶちこむ根深汁

こんにちは。
灯油の句への添削ありがとうございました。
『ちゆるちゆる』の楽しい響きが一家団欒に合っていて、冬でもほっこりとする句へとなり嬉しく思いました。

読み始めから思わず目を奪われる、勢いのある句で大好きです。かな遣いや音の並び、素敵です。

点数: 1

春亀さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

言葉にて引っ掻く二人猫の恋

回答数 : 1

投稿日時:

折り紙で作る我が家の雛祭り

回答数 : 2

投稿日時:

春月を食べる狐や親子の手

回答数 : 3

投稿日時:

桶の中ぬばたまの夜氷解く

回答数 : 5

投稿日時:

縁側で日向ぼっこのまな板よ

回答数 : 2

投稿日時:

春亀さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

忘れずに今年も来たる花粉症

作者名 白井百合子 回答数 : 1

投稿日時:

夏の空喪服のボタン前開き

作者名 晴峯旬草 回答数 : 2

投稿日時:

糸蜻蛉太公望の竿の先

作者名 しお胡椒 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ