俳句添削道場(投句と批評)

城田和子さんの添削最新の投稿順の2ページ目

庭先のしゃがんだ裾に蔦紅葉

回答者 城田和子

添削した俳句: 庭先のしゃがんだ裾に美女桜

鳥越様 「しゃがんだ裾」でしゃがんだ人は着物を着ていることがわかります。で、その人が、女性なら、「美女桜」は付き過ぎの感じがします。別の季語を探しましたが、いまこちらは秋なので、どうも春のイメージが出てきません。それで、紅葉が鮮やかな桜の葉にしようとしましたが、5字で収まる言葉を見つけられず、蔦落葉になった次第です

点数: 1

「水中花声無く微笑む遊女かな」の批評

回答者 城田和子

添削した俳句: 水中花声無く微笑む遊女かな

和光様 今時遊女はいないから、とってつけたようだとか、批評しましたが、、、思い直しました。華やかではあるけれど水槽の中に閉じ込められている悲哀、を思うと、、、花が美しいからこその悲しさが漂ってきて、これで良いのだ、と感じました。それに、自分が知らないだけで、いまでも、遊女のような暮らしの人もいるのかもしれないと気づきました。情感あふれる良い句だと思います。ケチつけてごめんなさい。

点数: 1

「水中花声無く微笑む遊女かな」の批評

回答者 城田和子

添削した俳句: 水中花声無く微笑む遊女かな

雰囲気もわかるしうら悲しい感じがよく出ていると思います。でも、今時、遊女っていないと思うので、とってつけてような気がしないでもない、、、、。

点数: 1

墓洗い足も洗いし元ヤクザ

回答者 城田和子

添削した俳句: 手を洗いお墓も洗うヤクザかな

ヤクザの世界から、真っ当な社会へ戻る決意をした、元ヤクザの気持ちになって見ました。

点数: 1

衣替え若き日の服着て見たり

回答者 城田和子

添削した俳句: 衣替え若き日の服なお残し

いやあ、またきられれる日もくるに違いないと信じて残す気持ち、よくわかります。殆どの女性が味わう気持ちでしょう。直す所はないと思いましたが、欄を埋めないと次へ進めないので、一応下五を意味を変えないように言葉を変えました。

点数: 2

城田和子さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

朝霧に黄色く霞む街路灯

回答数 : 1

投稿日時:

霜の朝まだ点いている街路灯

回答数 : 3

投稿日時:

青空にハズレ馬券が舞いおれり

回答数 : 9

投稿日時:

待ち人よ枯れ葉の音も聞き分けて

回答数 : 2

投稿日時:

ときめきの枯れ葉の音や君を待つ

回答数 : 1

投稿日時:

城田和子さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

一山の日当り日陰の紅葉見し

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

薫風に呼ぶや犬の名小次郎と

作者名 東次郎 回答数 : 2

投稿日時:

立春の葉の雨露の清きこと

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ