俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

青空にハズレ馬券が舞いおれり

作者 城田和子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語がないので、「青空に」のところに、何か良い季語を入れるつもりでした。歳時記で調べたら、「馬券」という季語はありませんでしたが、「競馬」という季語がありましたので、似たようなもんだから、ま、いいか、と思っちゃいました。で、そのままとしたわけなのです。

最新の添削

「青空にハズレ馬券が舞いおれり」の批評

回答者 鳥越暁

拙句「庭先・・・」へのご感想ありがとうございます。
あの、着物(和服)は着ていませんよ。この句は写生句なので「美女桜」を変えると想像句、妄想句となります。おっしゃられることは、おそらく「ベタな句」だなと感じられたのだと理解いたしました。表現力が足りないゆえでしょう。また御付き合いくださいませ。

点数: 0

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

薫風にハズレ馬券がはためけり

回答者 IZMIN

競馬という季語について調べてみたのですが、神事としての競い馬を指すことが多いようです。
いわゆる馬券を売り買いする現代競馬が一年中行われることも考えると、やはり季語を入れるほうがベターなのではないかと個人的には感じました。

点数: 0

添削のお礼として、IZMINさんの俳句の感想を書いてください >>

「青空にハズレ馬券が舞いおれり」の批評

回答者 腹井壮

城田和子さんこんばんわ。はじめまして。

イメージするところは悪くないと思いますが投票方式の競馬は私も季語ではないと思います。
私なら

梅雨晴にちぎつて捨てる馬券かな

とします。

参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

失恋の味はひに似て蕗の薹

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

片づかぬ蔵書雪崩れて秋の暮

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

日の出の木の芽弛むいまかいまかと

作者名 染井吉野 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『青空にハズレ馬券が舞いおれり』 作者: 城田和子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ