俳句添削道場(投句と批評)

博充さんの添削最新の投稿順の5ページ目

「天空へ向く紫陽花を裏返す」の批評

回答者 博充

添削した俳句: 天空へ向く紫陽花を裏返す

こま爺様
博充です。
梅雨の句へのコメントありがとうございます。
提案句もありがとうございます。

点数: 1

「銅像の裾めくりゐる青嵐」の批評

回答者 博充

添削した俳句: 銅像の裾めくりゐる青嵐

あらちゃん様
博充です。
梅雨の風景の句へのコメントありがとうございます。
提案句もありがとうございます。

点数: 1

「紫陽花や箪笥に青き母の帯」の批評

回答者 博充

添削した俳句: 紫陽花や箪笥に青き母の帯

竜子様
博充です。
夕凪の句へのコメントありがとうございます。

点数: 1

「靴空に星に届けと跣の子」の批評

回答者 博充

添削した俳句: 靴空に星に届けと跣の子

再訪です。
星空に靴蹴り上げし跣の子
失礼しました。

点数: 0

「靴空に星に届けと跣の子」の批評

回答者 博充

添削した俳句: 靴空に星に届けと跣の子

私も靴空が気になります。
質問です、星が季語ですか。
初心者の私にはこの程度のコメントしかできません。

点数: 1

博充さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

寺の鐘響き渡るや雲の峰

回答数 : 2

投稿日時:

雲の峰夕日に燃えて聳え立つ

回答数 : 0

投稿日時:

梅雨晴間再び芽吹け能登の土

回答数 : 2

投稿日時:

梅雨晴間木立の匂ひ子ら駆ける

回答数 : 1

投稿日時:

夕焼けや浮かぶ船陰静かなり

回答数 : 4

投稿日時:

博充さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵

作者名 かこ 回答数 : 11

投稿日時:

遠方から蜂の巣目掛けハンド弾

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

寄席はけて吾を迎えし月あかり

作者名 お七 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ