俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕薄暑風そよぎゆく石畳

作者 博充  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

詠み直しです。誤字を直しました。

最新の添削

「夕薄暑風そよぎゆく石畳」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

「風そよぎゆく」というのが「そよぐ」の誤用でして、

「そよぐ」は「風に吹かれてかすかに音をたてたり揺れたりする」という意味になりますので、【枝】や【葉】や【草】が【風にそよぐ】という形が正しいです。

なので、中七を再考する形をお勧めします。
句の風景が「石畳」で、石畳はそよがない(と思います)ので、【そよいでいるもの】を上手く風景に出すのは難しいかもしれません。

・夕薄暑木々そよぎたる石畳

一旦、こんなところで。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夕薄暑風そよぎゆく石畳」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

何か観察したいですね。風、しかもそよぐはありきたりのような気がします。

石畳をよく見ると(ネットの画像検索です。)目地が見えたので、
"夕薄暑目地につま付く石畳
"夕薄暑目地の古めく石畳

厳しいめですが、ご理解のほどを。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「夕薄暑風そよぎゆく石畳」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆
一句に集中して高みを目指すことは良いことかと思います。
さて、
こま爺さんと、同様、風そよぐ、はありふれた措辞かと思います。
コメントがないので、実景がいかなるものか、はかりかねますが。
中7で、色々出来そうですね。
・夕薄暑妻と歩ける石畳
・夕薄暑幼子連れて石畳
・夕薄暑森の息する石畳
こんなところでしょうか。
宜しくお願いします。
追伸)上記の私の提案句をそのまま、再度添削依頼にかけるのは、やめて頂きたく思います。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

礎には黙なる夏の来たりけり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

ボタニカルアートの梅や夕日落つ

作者名 あらちゃん 回答数 : 4

投稿日時:

くだらない話が思い付き小春

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕薄暑風そよぎゆく石畳』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ