俳句添削道場(投句と批評)

めいしゅうの妻さんの添削得点の高い順に並んでいます

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 雫ひとつ内臓に落ち風薫る

負乗さん
こんにちは。いつも提案句有難うございます。勉強に成ります。
提案句、山静か の方がいいですね。けものの匂いがしているだけで、山はまだ崩れていない、そして無気味なほどに静まり返っている。そんな感じですかね。

点数: 3

「バサバサとこっちに来るな家の蜘蛛」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: バサバサとこっちに来るな家の蜘蛛

めでかやさま
いつもお世話に成ります。
御句ですが、いくら大の苦手でも、蜘蛛の動きがバサバサは少し大袈裟かなと思いました。蛾ならあり得ますが。(笑)
蜘蛛は音もなく移動するので、例えば ツッツッツッっと とか スルッスルッと
ぐらいでいかがでしようか。
もう一点は、おそらく場所は家の中(居間、台所等)だと思われますので、家の蜘蛛ではなく
壁の蜘蛛 とか 窓の蜘蛛 の方がより身近に感じられるかなと思いました。
生意気言ってすみません。

点数: 3

「ほうたるや消えそうでまた現るる」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: ほうたるや消えそうでまた現るる

もんなさんへ
今晩は。いつも勉強させていただいております。
夏の蛍、綺麗ですよね。私も蛍が好きなので御句気に成り読ませていただきました。
蛍は、ご存じだと思いますがお尻に近い部分に発光器というものがあり、光り方には大きく3種類あります。プロポーズの時、外部から刺激を受けた時、敵を驚かせる時です。観察していると確かに消えたり点いたりして点滅しているように見えます。
御句はその様子を表現したいと思われますが・・・・
また、季語蛍は、ほうたるともいいますがここは蛍として
まず語順だけを変えてみたいと思います。
消えそうでまた現れる蛍かな
そうするとチョッと整った感じになりませんか。
つぎに、消えそうでと言うことはまだ消えてはいませんね。
まだ見えています。消えてはいないのにまた現れると言う言い方は
少しおかしくありませんか?
消えそうでまた輝きし蛍かな
普通に詠めばこうなりますよね。
こんなふうにして上5と中7の措辞を推敲されてはいかがでしょうか。参考になりましたら。
よろしくお願いします。

点数: 3

「きりもなや仔猫じゃらしてもう二時間」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: きりもなや仔猫じゃらしてもう二時間

春野ぷりんさんへ
こんにちは。はじめまして。
私も、犬猫が大好きなので御句目に止まりました。
中村汀女の咳の子~きりもなやは私も好きな1句です。
母親の愛情がすごく感じられる句だと思います。
御句からも、そんな愛猫に対するなんともし難い愛情が感じられました。
それも2時間も。我が家にも愛犬がおりますが一日の半分が犬との時間で
過ぎて行きます。
仔猫=春の季語。お名前が春野さんなので、ここは季語春の猫とさせていただきます。それとやはり きりもなや(ご存じだと思いますが、最後のやは詠嘆のや)は
下5の方が落ち着くかなあと思いまして
春の猫じやれてじやらしてきりもなや
猫も春野さんご自身も一緒になって、きりがないなあと思いながらも結構楽しんでいると言う様子を詠ませていただきました。
よろしくお願いします。

点数: 3

「ブロッガー牛丼季語と願望し」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: ブロッガー牛丼季語と願望し

こま爺さんへ
拙句、山登り~昼ごはんの句にコメントいただいておりますが。
【上級者の方々が口を酸っぱく仰っているとても大切な俳句の基本のひとつ】原文のまま
【心情より事柄、思いより物の情景】原文のまま
そもそも、あなたの仰る上級者って誰? あなたの事?
そんな方が仮にこの道場に居られるとしても、それはこの広い俳句界におけるごくごく一部の人だと私は認識しております。
ただそうであっても【心情より事柄、思いより物の情景】は確かに俳句の基本のひとつだとは思います。
しかしながらそれが俳句のすべてだとは私は思いません。
上5、中7、下5のそれぞれの言葉には、どんな言葉あれ、それが心情を表す言葉であっても、稚拙であっても、それぞれの言葉には詩が有ると思っております。
全ての言葉に詩は有ります。
その言葉から読み手が何を読み取るかが大事なのではないでししょうか。
あまりにも、固定の概念に拘り過ぎると新しいものを生み出そうとする表現意欲が削がれる気がしております。
【すべての言葉に詩は有ります】
拙句の【妻と楽しむ】の言葉の中に私のどんな想いが込められているかあなたに分かるはずがありません。だって詠み手の心情を汲み取ろうとはしないのだから。
【楽しむ】の中に全てが詰まっているのです。
それを勝手に他の言葉に置き換えないで下さい!!
体裁よく、気のきいた言葉に変え、そして心情をストレートに表現しないからって
それが何になるというのですか!!
それが俳句だというなら、俳句などくそくらえです。

点数: 3

めいしゅうの妻さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

終でなく蛍の光始めなり

回答数 : 9

投稿日時:

我が犬と天の川かな夜の空

回答数 : 7

投稿日時:

暑き日や犬も仰け反り臥せしたり

回答数 : 8

投稿日時:

おのこでも桃の実食べてピーチピチ

回答数 : 4

投稿日時:

子供らに言えぬ心配帰省かな

回答数 : 0

投稿日時:

めいしゅうの妻さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

団扇もてニキビを隠すお年頃

作者名 長谷機械児 回答数 : 1

投稿日時:

一撃の春蚊は魔女に勝ちにけり

作者名 ふり 回答数 : 4

投稿日時:

返礼の品を比ぶる年の暮

作者名 めでかや 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ