俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雫ひとつ内臓に落ち風薫る

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ふと、何でもないがスイートな記憶が甦った。

最新の添削

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

負乗さま
こんにちは。
蝸牛句にコメントいただき有難うございました。
それと先の紫陽花の句について、あの時本当にこちらでは豪雨で大変な時でしたので
私もつい気持ちが昂ぶっておりました。私も大反省です。
せっかく負乗さんが親近感を持ってわざとラフな物言いで接していただいているのに、それが理解出来なかった未熟者をお許しください。
そういうお人柄だと知った上で、今後は改めてよろしくお願いを申しあげます。
返信いただいたお陰で大事な句友を失わずにすみました。
有難うございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

負乗さん
こんにちは。いつも提案句有難うございます。勉強に成ります。
提案句、山静か の方がいいですね。けものの匂いがしているだけで、山はまだ崩れていない、そして無気味なほどに静まり返っている。そんな感じですかね。

点数: 3

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

負乗様
おはようございます。
紫陽花句のコメント有難うございます。
こちらの地方では先日の豪雨により多大な被害を被っております。
(私んとこは大丈夫でしたが・・・・)
その中には有名な大きな紫陽花園も有ります。
紫陽花の花が【何かに立ち向かい】【誇る】花かどうかは人それぞれですから良しとしまして。
無残にも崩れ落ちた紫陽花畑を見て胸が痛む思いがしました。
その紫陽花の応援歌としてこの一文(俳句としてではなく)を書きました。
そもそも論ですが、俳句では無いものをここに投句した小生の誤りであり
せっかく、俳句としてコメント下さった負乗さんを責めている訳ではありませんが
ご自分の好みでは無いものについてはスルーされてはいかがでしょうか。
(負乗さんのコメント内の(笑)、(笑)に多少の違和感を覚えた次第です。)
負乗さんのお人柄を知る由もありませんので、お許し下さい。

点数: 2

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

負乗さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
何かがはじけたでしょうか?
提案句です。
・雫ひとつ五臓六腑へ風薫る
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

負乗さん!こんにちは!
再訪です。
道野辺のコメントありがとうございます。
道野辺の方が良いですね。ありがとうございます。勉強になります。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

負乗様
ヒッチ俳句のコメント有難うございました。
ヒュッテと風薫るが繋がっていて良いですね。
そもそも拙句はダジャレの域を出ていません。ヒッチハイクも最初は、筆遅俳句 としようかなと思ったくらいです。毎日ない頭を捻ってはいるのですが遅々として筆が進みません。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 輝久

句の評価:
★★★★★

苺の句への添削ありがとう御座いました。
自分でも、見舞い哉、にするか、見舞い入るでいくか迷っていました。
これからも宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、輝久さんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

負乗さん
再訪です。
夏服の提案句有難うございました。
宮武さんからご指摘をいただきましたように
自分と世間の男性のみなさんを同列視してはいけませんでした。
反省です。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

負乗さん
こんにちは。
キュッキュッ茄子の提案句有難うございました。
御句への提案句はございませんが、まずはお礼まで。
負乗さんは、まだまだ恋する元気がお有りですね。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 もんな

句の評価:
★★★★★

負乗さん
紫陽花やへの添削ありがとうございます。
句またがりはまた作ったことが、ありませんが、チャレンジしたいと思います。

えと、私はもんなです!

宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、もんなさんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

負乗様、ご無沙汰をいたしております。
風薫るの季語の立つ良い句ですね。

老鶯の句のコメントありがとうございます。
たまたま聞こえた鶯の鳴き声が自分の嫌気がさすほどの毎日の現状とリンクして切なさとともに句がおりてきました。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

持ち上げる鞄の重さ凍てる星

作者名 虚俊 回答数 : 5

投稿日時:

夏の朝雲をも凌ぐ陽射しなり

作者名 三男 回答数 : 4

投稿日時:

三川をうしろに北へ雁の棹

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雫ひとつ内臓に落ち風薫る』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ