俳句添削道場(投句と批評)

めいしゅうの妻さんの添削投稿の古い順の2ページ目

「牡丹散ればふたたび雨の小庭かな」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 牡丹散ればふたたび雨の小庭かな

つちや先生へ
ケロケロ蛙の添削ご指導有難うございました。初心者である私に毎回のご指導感謝しております。おっしゃるように情景描写と説明の違いが私にはまだよく理解出来ておりません。難しいです。また、私は情景に感情移入するくせが有ります。これは俳句としてはあまり良くないことでしょうか?
次回の添削もぜひよろしくお願いいたします。
生意気ですが、つちや様の自然への観察眼に感服しております。

点数: 1

「陽炎や王者の一日始まりぬ」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 陽炎や王者の一日始まりぬ

負乗様へ はじめまして
めいしゅうと言います。
ふんわりと綿毛を・・・・の批評と添削有難うございました。まだまだ初心者で語彙力もなく苦戦中です。自分としては、ふわふわり・・の添削句が大変気に入りました。
有難うございました。
決して御句の添削ではありませんが(添削などまだ恐れ多いです)、御句の王者は、私は太陽のことだと読みました。
昔、私が子供のころ近くを走っていた私鉄が廃線になりました。そのころの事を思い出して、陽炎の作句をしてみました。
廃線のレールに揺らぐ陽炎かな
また、感想をお聞かせいただければ幸甚です。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

「古ビルの灯点滅霧の夜」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 古ビルの灯点滅霧の夜

小太郎様 はじめましてめいしゅうと言います。
紫陽花の色に染まりし今朝の服 の添削ご批評有難うございました。
添削いただいたように、拙句には花の色が表現できておりませんでした。
薄紫は妻がとても好きな色です。
勉強になりました。今後ともよろしくお願いします。
(今年から始めたばかりの初心者です)

点数: 1

「麦の秋そらの青とのはたもあり」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 麦の秋そらの青とのはたもあり

めでかや様 はじめまして めいしゅうと言います。
紫陽花の色に染まりし今朝の服 のご批評いただき有難うございました。
添削句はありませんでしたが、こうして初心者である拙句に対し目を通していただいて
感想コメントを書いていただけただけでうれしく思います。
ちなみに妻の好きな紫陽花の花の色は薄紫です。これが表現できればよかったです。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 0

「陽炎や往く道先は揺らぎをり」の批評

回答者 めいしゅうの妻

添削した俳句: 陽炎や往く道先は揺らぎをり

鈴屋いるか様 はじめまして、めいしゅうと言います。
茶摘みや右手と空も青くなり のご批評と添削有難うございました。
添削句とても勉強になりました。
初心者の私が言うのも恐縮ですが、陽炎の御句がとても好きです。
人生を感じます。
私も陽炎の作句をしたことがあります。
廃線のレールに揺らぐ陽炎かな
また感想をお聞かせいただければ幸甚です。
有難うございました。

点数: 0

めいしゅうの妻さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

終でなく蛍の光始めなり

回答数 : 9

投稿日時:

我が犬と天の川かな夜の空

回答数 : 7

投稿日時:

暑き日や犬も仰け反り臥せしたり

回答数 : 8

投稿日時:

おのこでも桃の実食べてピーチピチ

回答数 : 4

投稿日時:

子供らに言えぬ心配帰省かな

回答数 : 0

投稿日時:

めいしゅうの妻さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

啓蟄のサボテンの棘光り出す

作者名 そうり 回答数 : 4

投稿日時:

かぐや姫頬の涙に雪と月

作者名 白南風や 回答数 : 1

投稿日時:

野水仙生えたる岬の犬の墓

作者名 気まぐれ亭 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ