俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

牡丹散ればふたたび雨の小庭かな

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「ば」という助詞の練習で詠みました。
已然形につく助詞「ば」には、原因・理由(牡丹が散ったから)、恒常(牡丹が散った時はいつも)、偶然(牡丹が散ったらたまたま)という3つの意味があり、使うのが難しい助詞ですよね。
こちらの句は偶然の意味で使いました。

「かな」という切れ字も案外難しいですが、この句ではちゃんと効いてるかどうかというところも気になります。

永井荷風の「牡丹散つてまた雨をきく庵かな」という句に似てるので、投句するか迷ったんですが、一応この句を知る前に作った句なのと、練習句ということもあって、私のオリジナルとして出す判断をしました。

さて、実は今日で当サイトに投句を始めて丸一年になりました。
今になって当時の句を見ると、かなり下手で恥ずかしくなってしまいます(笑)
皆様のアドバイスや温かいお言葉に支えられてここまで上達できました。
まだまだ未熟者ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

最新の添削

「牡丹散ればふたたび雨の小庭かな」の批評

回答者 めでかや

つちやさん、こんばんは。
早速のコメントありがとうございます。
俳ポ投稿用の蜘蛛の句はこの句を含めてなぜだか蜘蛛の姿が消えておりまして・・・。
これで安心して投稿できます。

つちやさんは、丸一年ですか。私は6、7か月ですかねぇ。
先輩にご意見するのもなんなのですが練習句ということで遠慮なく。
やはり『ば』ですかね。~したから~なった。
時間の経過を詠んでいるようで一瞬を切り取るという点では✕ですかね。
しかし、柿食えば なんて名句もありますしね。

以下、わたしもコメントに挑戦することお許しください。
『柿食えば』は負の因果なので許されるし面白い。
『牡丹散れば』⇒『ふたたび雨(梅雨)』、正の因果なので
詰まんない⇒✕ というように思いました。

あっているか否か、ほかの方にもご意見いただきたいですねぇ。
わたくし句会なるものに参加したこともないんで色々意見交換したいんですよ。
今後とも宜しくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「牡丹散ればふたたび雨の小庭かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

練習ということで仕方ないですが、「ば」の作為は気になりますね・・

◆「散る」は動きを表す動詞なのですが、牡丹というのは長い時間をかけて散るものだと認識しています。
 この句の「散れば」は全て散り終わったあと、ということでいいですかね?

◆この句の「ふたたび」は「二度目」ではなく「再」(何度も何度も繰り返し降っているうちの何度目か)ということですよね?
 なのですが、「繰り返し降っている」のであれば、偶然の「ば」がさほど偶然ではないのでは・・・

・牡丹散るふたたび雨の小庭かな

たとえばこの形との比較。「散る」は終止形の切れと見てもいいですし、連体形で「小庭」までかかっていくとみてもいいです。
この提案句の場合は全く「偶然」という要素がない風景なので、句意が変わってしまいますが・・

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「牡丹散ればふたたび雨の小庭かな」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

つちや海郷様
小庭、牡丹、雨、綺麗に綺麗な言葉がたくさんありますね。昔の事でお恥ずかしいですが、小学生の時の友達の家のお庭がそうでした。お金持ちだったので小学生なのにお金を持っていて学校帰りにマックのハンバーガーを買い、私が物欲しそうにしていたのか、半分くれて食べた記憶が有ります。話がそれました。難しい事がわからず、添削になっていなくてごめんなさい。娘より若い海郷様にいろいろ教えて頂いて恥ずかしいけれどとても嬉しいです。これからもどうぞ宜しくお願い致します。話しがいろいろ有って長くなりそうなのでこの辺で失礼致します。いつも本当にありがとうございます。励みになります。

点数: 2

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「牡丹散ればふたたび雨の小庭かな」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

つちや先生へ
ケロケロ蛙の添削ご指導有難うございました。初心者である私に毎回のご指導感謝しております。おっしゃるように情景描写と説明の違いが私にはまだよく理解出来ておりません。難しいです。また、私は情景に感情移入するくせが有ります。これは俳句としてはあまり良くないことでしょうか?
次回の添削もぜひよろしくお願いいたします。
生意気ですが、つちや様の自然への観察眼に感服しております。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「牡丹散ればふたたび雨の小庭かな」の批評

回答者 小学5年生。

句の評価:
★★★★★

つちや海郷様
早速に添削をいただきありがとうございました。2つの句をきちんとご覧いただき、判断を頂けたことも嬉しかったです。また、とてもわかりやすい解説も入れていただき感謝いたします。つちや様の「桜という字が入っていなくてもちゃんと季語が入ってる(傍題)」「俳句のおじさんが使っていいと言った」というとても心強いお言葉に娘も大喜びで、すごく自信になったようです。本当にありがとうございます。娘も「子供の作ったものでもバカにせず、こんな風にしっかり評価してもらえてとても嬉しい」と申しておりました。貴重なお時間を使っていただき本当にありがとうございました。今回は学校の宿題でどれか1つの発表だったため、選びきれずご相談させていただきましたが俳句の知識豊富な方のご意見が聞けてとても良かったです!ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、小学5年生。さんの俳句の感想を書いてください >>

「牡丹散ればふたたび雨の小庭かな」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
私は文法がほんとに苦手なので
明確な答えがわからないのですが
句からは
ふたたびが入っているので
以前に雨が降っていて一度止んでまた雨が降っきたという時間経過がわかるので助詞「ば」の
いつもは消えますし、散ってからたまたま雨が
降ってきたと考えてましたので
理由でなく偶然の「ば」と読みました。
着地の下五「かな」良いと思います
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「牡丹散ればふたたび雨の小庭かな」の批評

回答者 水谷

句の評価:
★★★★★

つちやさん おはようございます。
梅雨入る の添削ありがとうございます。中七を ~間近「の」、「に」、「や」色々と考えてはみたんですがね😓 「や」切れるから無しだと思うのですが、他の手だては やはり添削句の通りで 語順から考えてはなおしたほうが良いのでしょうね
勉強になります ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、水谷さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

生きてゆくエノコログサに強い風

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

どこからか杭打つ音の日永かな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

なんだかな模擬虐殺の西瓜割り

作者名 和光 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『牡丹散ればふたたび雨の小庭かな』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ