俳句添削道場(投句と批評)

春野ぷりんさんの添削得点の高い順の47ページ目

「首にタオルして麺啜る登山かな」の批評

回答者 春野ぷりん

添削した俳句: 首にタオルして麺啜る登山かな

おはようございます😊負乗さん
お世話になっております。
「雨蛙」の句にコメント添削ありがとうございます。おっしゃる通り「スーパーに」という表現は広すぎるし、ちょっと散文的な感じがしますね。
頂いた提案句なるほどです!!
具体的に「レジ台」の方が、見つけた瞬間がわかりやすく伝わりますね。
ありがとうございます。勉強になります!
またよろしくお願い致します😊

点数: 0

「少年の角のみ触れる兜虫」の批評

回答者 春野ぷりん

添削した俳句: 少年の角のみ触れる兜虫

おはようございます😊感じさん
いつもお世話になっております。
「スーダラ節」の句にコメントありがとうございます。切れ字が2つ入ってしまったのはミスでした。助詞を使って、【空間を持たせる】というのもまた勉強になりました。
御句、男の子は確かに兜虫の“角”に強い憧れがありますよね。採取した兜虫がメスだとがっかりしたりして…。少年がキラキラした目で、兜虫を眺めて角に触れている様子でしょうか?
“角のみ触れる“が少し説明くさくなっているかな~?提案句はなかなか難しくすみません。感想のみです。またよろしくお願い致します😊

点数: 0

「コーヒーの白い立て旗秋の朝」の批評

回答者 春野ぷりん

添削した俳句: コーヒーの白い立て旗秋の朝

おはようございます😊こま爺さん♪
いつもお世話になっております。
情景が浮かびました。涼しくなった秋の朝、コンビニの前の立て旗が目に留まり、温かいコーヒーの絵に誘われて…私なら即入店してコーヒー買いそうです(笑)
最初、コーヒーのことかと思ったら、「コーヒーの立て旗」なのですね。ここで9文字使っているので、私なりの提案句を考えました。
・秋の朝白旗著くカフェの文字
・白秋や白旗著くカフェの文字
こま爺さんの見た旗は、文字ではなく絵なので違ってしまうのですが…
2個目は韻を踏む?で考えましたが上手くできませんが
またよろしくお願いします😊

点数: 0

春野ぷりんさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

囀りや大谷さんの金屏風

回答数 : 6

投稿日時:

金屏風も季語で季重なりでした

回答数 : 2

投稿日時:

洗剤の残りのわずか秋時雨

回答数 : 6

投稿日時:

豪快にレモンをしぼる男飯

回答数 : 5

投稿日時:

何となくヨン様の行く落ち葉かな

回答数 : 4

投稿日時:

春野ぷりんさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

窓霜の溶く西之島拡がらむ

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

冬天や甘いマスクと肉体美

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

丘を越えほぼ三キロの桜かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ