俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

金屏風も季語で季重なりでした

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先程の囀りやの拙句ですが、金屏風は冬の季語でした。季重なりをきちんと調べる基本をせずに、投句してしまいました😅すみません!

最新の添削

「金屏風も季語で季重なりでした」の批評

回答者 ケント

ぷりんさんこんにちは。
他のサイトではいつもお見かけしております。
こちらへは久し振りですね。

うらやまし大谷さんの猫の妻

本当は犬(デコピン)の妻となるところですが、猫好きのぷりんさんですから季語「猫の妻」にしました。
猫ちゃん達は元気ですか?
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「金屏風も季語で季重なりでした」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

春野ぷりん様 こんにちは
お世話になります。
拙句のおのこのコメントありがとうございます。
ご提案もありがとうございます。
金屏風の季重なりあまり気になりませんでした。金屏風は冬の季語で主に風よけですから式場に置かれる金屏風は飾りの一種ですから季節感が乏しいので良いと私は思います。
気になるなら「記者会見」としてもどうでしょう。字あまりですが、良いのではありませんか。
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

若緑今日鋸で刈り取られ

作者名 シゲ 回答数 : 0

投稿日時:

かき氷偏微分を解きてより

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

虎落笛ルンバぶつかる音もした

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『金屏風も季語で季重なりでした』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ