俳句添削道場(投句と批評)

伊勢史朗さんの添削投稿の古い順の32ページ目

「メロンソーダに潮騒おいて夏の海」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: メロンソーダに潮騒おいて夏の海

こんにちわ。結論から申し上げると戻ってきましたが投句もしませんし人様の作品に対して講評も致しません。何れは本当に消えます。私に何かを期待するならこちらに投句して下さい。初期の添削道場の雰囲気のネット句会です。
https://haiku.upat.jp/?toriaezu
パスワードは
https://haiku.upat.jp/mail.cgi?toriaezu

まで連絡下さい。もちろん感じさん以外の誰でもパスワードを発行します。
それにしても「読者に想像を忖度し過ぎ」とは申し上げましたが「頭でっかち」と言った記憶が・・・

それでは御機嫌よう

それでは御機嫌よう。

点数: 1

「メロンソーダに潮騒おいて夏の海」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: メロンソーダに潮騒おいて夏の海

「頭でっかち」はバレンタインの句の時ですね。今、確認しました。俳句は自由な詩ですから作ってから修正しても全然遅くないですから。

点数: 1

「抱かれし風の柔きや春の宵」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: 抱かれし風の柔きや春の宵

こんにちわ。https://haiku.upat.jp/mail.cgi?toriaezu
にメールを頂ければパスワードと操作方法を教えます。みつきさんと仲良くなって下さい。
もしかしたら御存知かもしれませんが難病を抱える俳人の一人です。
http://shiika.sakura.ne.jp/works/haiku-works/2019-12-14-20487.html

御機嫌よう。

点数: 0

「如月や黒を重ねる会津塗り」の批評

回答者 伊勢史朗

添削した俳句: 如月や黒を重ねる会津塗り

どうもこんにちわ。現文古文に関係なく自分の行動を自動詞、自分以外(他人、動植物、自然現象等)の動きを他動詞と言います。「重ねる 他動詞 古文」「代わる 他動詞 古文」「舐める 他動詞 古文」など色々動詞の種類を変えて検索してみて下さい。ある程度法則めいた物が浮かんできて学生時代勉強した古文がなんとなく思い出されると思います。私もある程度の年になって古文を勉強し直した訳ですがこの「改めて勉強する」のも俳句の楽しみではないかと思います。
ところでこちらではもう投句も添削も講評も控えます。他の方に俳句を教わって下さい。私はとりあえず句会にいつでもおりますから。
御機嫌よう。

点数: 0

伊勢史朗さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

啓蟄や深呼吸してプロポーズ

回答数 : 7

投稿日時:

羽ばたきて風に乗る蝶は遠くへ行く

回答数 : 0

投稿日時:

皆様御迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした

回答数 : 11

投稿日時:

それって盗作ですよ

回答数 : 4

投稿日時:

薪能果てて余映の長きかな

回答数 : 7

投稿日時:

伊勢史朗さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

満点星の咲くや頭の上あたり

作者名 イサク 回答数 : 8

投稿日時:

しばらくはさざめく心街の虹

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

水仙の楚々とした色澄み渡る

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ