俳句添削道場(投句と批評)

つちや郷里さんの添削投稿の古い順の2ページ目

「逆富士の静謐を湛える泉かな」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 逆富士の静謐を湛える泉かな

山浦さんこんにちは。初めまして。

良い情景を詠んでいると思います。
気になったのは、中七が「せいひつをたたえる」という読み方で正しいなら、九音になっています。
字余りは人によって許容範囲が違いますが、基本的中七の字余りはタブー視されています。

御句をそのままにして、字余りだけ解消するなら
『逆富士の静謐湛ふ泉かな』
こんな感じでしょうか。

点数: 1

「秋風のヒューヒューとカップルに」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 秋風のヒューヒューとカップルに

たろーさんこんにちは。初めまして。

御句ですが、この句は15音になっているので、まず字足らずを解消しなければいけません。
秋風がカップルを煽っているかのようにヒューヒューと吹いているという解釈でよろしいでしょうか。

でしたら、
『カップルをヒューと煽りし秋の風』
こんな感じでしょうか。

たろーさんのプロフィールを見た感じ、これが初投句でしょうか。
着眼点は決して悪くないので、これからの投句を楽しみにしております。

点数: 1

「テストの日風邪をひこうと悩む前日」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: テストの日風邪をひこうと悩む前日

やーまさんこんにちは。初めまして。

その気持ち、よ~くわかります。
私も頭が良いほうではなかったので、テスト前はいつもビクビクしていました。

御句ですが、下五の字余りが気になりますね。
テストの前日ですから「テスト前」でも良い気がします。
仮病で休みたいということなので「仮病」を使いたいところですが「風邪」は季語なので消せませんね。

『テスト前風邪をひこうか悩む夜』

これで字余りが解消されますし、「夜」と言うことでテストの前日であることを示唆でき、「そんなこと悩む前に勉強しろよ」とツッコミたくなる句になったと思います。
ただし、実際に風邪をひいているわけではないので「風邪」が季語として成立するかは微妙なところですので、もっと上手な方の添削を待ちましょう。

着眼点は悪くないので、これからも投句がんばってください。

点数: 1

「夢見るや寒さの奥の告白は」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 夢見るや寒さの奥の告白は

山―田太郎さんこんにちは。初めまして。

良い夢を見ている時ほど途中で目が覚めて残念な気持ちになりますよね。
御句ですが、説明を聞かないと内容がわかりませんでした。
告白の夢の途中に起床したということをシンプルに書くべきかと思います。

『告白の途中に起きる寒き朝』

こうすれば夢と書かずに夢だと示唆できたと思います。
読み手に意外性を持たせるという技法です。
・上五の「告白」で、告白している情景が浮かびます。
・中七の「途中に起きる」で告白の途中に何が起こったのか興味を持たせます。
・そして下五で「あぁ告白の夢を見ていたんだ」という意外性を持たせます。

「寒し」というのは冬の季語ですが、心理的な描写も入っていて、幸せな夢が途中で終わった儚さが伝わってくると思います。

着眼点は悪くないので、これからも投句がんばってください。

点数: 0

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 白鷺のためだらうこの朱き橋

イサク様
コメントありがとうございます。
季重なりの件ですが、あれはビギナーズラックというか、たまたま当たってホームランになったような感じです(笑)
ですが、これからも挑戦は続けていこうと思います。

御句
朱橋が白鷺のためにあるのではないかと感じることのできる感性にただただ脱帽です。
「白鷺のためだらう」ときて、「餌でも置いてあるのか」と思いましたが、それが朱橋なのかと分かった瞬間に美しい光景が浮かびました。

いつも勉強になっております。
これからもよろしくお願いします。

点数: 0

つちや郷里さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

梔子や遺書なく死せし祖父の部屋

回答数 : 7

投稿日時:

夏浅し手帖は駄句で埋まりけり

回答数 : 5

投稿日時:

猫の背にハートの柄や初夏の風

回答数 : 8

投稿日時:

グラウンドへまず一礼をして立夏

回答数 : 9

投稿日時:

シフト表やっと完成四月尽

回答数 : 7

投稿日時:

つちや郷里さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

夕はダウンコートかエーゲ海

作者名 鴨長迷 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夏至の日のひねもす俳句ひねりけり

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

新緑の気ままな雲の散歩かな

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ