俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削最新の投稿順の2ページ目

「聞えくる下校のチャイム夕桜」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 聞えくる下校のチャイム夕桜

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。夕桜と下校チャイム、いいですね。
下校なら夕、が省けるかも、チャイムなら上五は省けるかも、など、省けることばはないかなあ、と推敲していくと、さらに奥行きをませるかも。

音数に余裕できたら何をしますか?
これは実景ではないかもなので、添削提案ではありません。

花影や下校チャイムのハウリング

点数: 3

「春昼の捨て子のやうな私かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 春昼の捨て子のやうな私かな

再訪です!
今は多作多作の時期。たまたま結果もともなってますが、いつまでもそんなことはありえないので、冷静に見てます!
追いかけるなんて、それぞれの楽しみ方で!ですね。

最近、山本先生、髙田祥聖さんをはじめとするリブラや、ギルさんビシさんいかちよんのルビィというユニットのネプリやスペースが話題になってます。
いずれ、みなが修行を積んだら、ネプリとかスペースとかやりたいなあと思ったり、そんなときは、卓鐘さんやイサクさんといろいろやれたら楽しいだろうなあと思うたり。作品を出したり私たちの俳句談義を誰かが聴きたいと思うくらい成長したらですけど、そんなのも楽しいだろうなあと思います。
お二方をいつまでも育ての親と思うてるげばでした!また!

点数: 1

「春昼の捨て子のやうな私かな」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 春昼の捨て子のやうな私かな

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます💫

おひさしぶりです!あっちいったりこっちいったり、仕事も俳句も忙しそうでしたねー。

御句。「かな」が効いてますね。思わず、わたしも、と言うてしまいますね。
季語も、かなしい季語で近いのではなく、うららかな季語だからこそ、想像したくなりますね。映像が私しかないので、そこだけが悩ましいですけどね。

また、ちょくちょく話したいですねえ!わたしも俳句はいつまでたっても分からんですけど、分かったら辞めるときなんでしょうね。分からんからオモロイなあ。

点数: 1

「紋黄蝶来て何度目の急停車」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 紋黄蝶来て何度目の急停車

再訪です!
撥ねぬやう、いいじゃないですか。
私の拙い説明で何か伝わったようでよかったです。

点数: 2

「紋黄蝶来て何度目の急停車」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 紋黄蝶来て何度目の急停車

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。
もし、運転していて、紋黄蝶にあたらないようにしているなら、
私なら
紋黄蝶轢かぬやう
と十音でおきます。

ここで、ブレーキや急停車をおくと、説明になるのです。
たとえば、添削ならこういう句になります。
ブレーキを踏む紋黄蝶轢かぬやう

が、こういう形が、説明の七音です。

ここからは俳句の方向性なので、添削ではないです。ここから発展していくには、ということです。

〇〇〇〇〇〇〇紋黄蝶轢かぬやう

もう十音で言い得てるなら、何を入れますか?もっと物語が埋めるかもです。これは一例です。みつかづさんの景を改作する意図ではありませんのであしからず。

宣告の日よ紋黄蝶轢かぬやう
面接の朝紋黄蝶轢かぬやう
積込を終へ紋黄蝶轢かぬやう
慟哭のなか紋黄蝶轢かぬやう
死神が来た紋黄蝶轢かぬやう

改作と突っ込まないでくださいね、わかってて書いてますから。ブレーキとか急停車とかハンドル切ったとか言わなくても、句意を10音で言い得てるなら、あと7音もあれば、いくらでも景やドラマが生まれる。17音しかないのだから省ける言葉は省こう、説明のことばや因果は避けようと言う理由のひとつはそこにあります。

点数: 5

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手の甲に手の甲と書く春夜かな

回答数 : 32

投稿日時:

掃き清められし境内露涼し

回答数 : 3

投稿日時:

陽だまりのにほひのごとき猫よ夏

回答数 : 7

投稿日時:

小刻みにひげの知らせか雨休み

回答数 : 5

投稿日時:

送り梅雨早足に視聴覚室

回答数 : 4

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

暁のレールを走る余寒かな

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

竹林の静けさに寝る蝸牛

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

五月晴れ吾子待居り滑り台

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ