俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削得点の高い順の1020ページ目

「父母の老いてむつまじ寒卵」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 父母の老いてむつまじ寒卵

かぬまっこさん、こんにちは。
ありがとうございます(^^♪
ついに生活の方で、6句までに入れました!

点数: 0

「還暦のおさななじみや紅椿」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 還暦のおさななじみや紅椿

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。自分じゃなく幼馴染を還暦という、この感じの俳味がいいですね、好きな句です~!

点数: 0

「バレー部だったんです春の顔剃り」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: バレー部だったんです春の顔剃り

こんにちは。
ごぶさたしてます!

ポスト夏の海、最高でしたね!頑強。すばらしい!
掲句おもしろい句ですね!会話と「春の顔剃り」のとりあわせチャレンジングです。私は好きですね。またちょくちょく寄ってくださいね!

点数: 0

「陽炎や往く道先は揺らぎをり」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 陽炎や往く道先は揺らぎをり

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。陽炎とは道先が揺らぐ現象なので、中七下五が季語の説明っぽく感じてしまう傾向はあるかもしれません。人生観の暗喩のように感じたのですが違うのでしょうか。
わたくしの行く道先のかぎろひぬ

点数: 0

「春雨にジャージの二人てくてくと」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 春雨にジャージの二人てくてくと

こんにちは!
いつも勉強させていただいています!

俳句生活おめでとうございます!
掲句は上五「に」にしたことで、春雨が舞台背景になった感じがあり、メインが二人になっています。「や」がいいかなあ。と思いました!

点数: 0

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

さへづりの速さで傷の癒えゆけり

回答数 : 34

投稿日時:

手の甲に手の甲と書く春夜かな

回答数 : 35

投稿日時:

小刻みにひげの知らせか雨休み

回答数 : 8

投稿日時:

掃き清められし境内露涼し

回答数 : 7

投稿日時:

送り梅雨早足に視聴覚室

回答数 : 5

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

猫眠る桜しべふるベンチかな

作者名 雪柳 回答数 : 6

投稿日時:

七夕やあえかなる念浮き立ちて

作者名 みちのく 回答数 : 0

投稿日時:

花筏渡れと誘う厚みかな

作者名 東野 宗孝 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ