俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山眠りゆるり哨務か常盤の木

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鷹の句を作りたいのですが、こういう句が出てきました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「山眠りゆるり哨務か常盤の木」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。
先程は節句いぼむしりへの批評ありがとうございました。

自分では気付かなかったのですが、確かにあの句、枯葉を観察している句になっていますね。
僕はいぼむしりを季語に置いたつもりで詠んだ句でしたが、いぼむしりは枯葉を観察している中での副産物的な存在だったのかもしれません。
確かにあれは季重なりだったなと今になって思います。ご指摘ありがとうございます。

さて御句読ませて頂きました。
眠った山のゆるい雰囲気が良い句ですね。
哨務という言葉が軍隊を連想させ、ゆるい雰囲気の御句にそぐわない気がしました。ここは似たような意味での「立番」はどうでしょうか。
語順も少し気になりましたので、山眠るを最後に持ってきて添削案を。

「常盤木の立番ゆるり山眠る」
とかどうでしょ。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「山眠りゆるり哨務か常盤の木」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

イサクさま
よろしくお願いします。御句、、、「山眠り」と常緑樹の「常盤の木」の対比がいいですね、、、。中七の「哨務」の言葉が効いていて、オリジナリティーを感じます。(おそらくこだわったのでは?)「ゆるり」に説明の匂いが、、、とのことで、賛否が分かれるところでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

門限か駆けおる人の汗まみれ

作者名 三男 回答数 : 0

投稿日時:

かなかなのかなかな微かソリチュード

作者名 74 回答数 : 11

投稿日時:

触れるなと牽制かける秋薊

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山眠りゆるり哨務か常盤の木』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ