俳句添削道場(投句と批評)

なおじいさんの添削最新の投稿順の1225ページ目

「ひとりじめてふ名の西瓜分かち合ふ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: ひとりじめてふ名の西瓜分かち合ふ

こんにちは。
小西晴菜様、いつも勉強させていただいております。

御句、ずっと気になっていました。
ただどうも、私の中で「てふ」に馴染めず、悩んでおりました。もちろん、百人一首の壬生忠見の「恋すてふ」は存じており好きな一首ですが、現代の俳句でも有りなんだ…という点に一人で戸惑っておりました。
そしたら、家内がたまたま小さな、占い師の水晶玉くらいの西瓜を買ってきました!うわ、これがあの「ひとりじめ」か?と思ったら違いました(違うんかい!)。
でも、こんな小さな西瓜でも、食べるとしたら一人では無理だよな、誰かと分けないと…。とか思って、また御句を見直させていただきました。
そして気がつきました!私だったら、西瓜は「分け合う」としてしまったでしょう。でも分け合うと分かち合うでは明確な違いがありますね?分け合うは分割、分かち合うは共有!ここは共有ですよねー。
素晴らしいです。もう「てふ」問題はどこかへ行ってしまいました。
また勉強させていただきました。有難うございました!

点数: 1

「なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: なんとまあなんぢゃもんぢゃの名に恥ぢぬ

イサク様、拙句「夕焼けの稲村ヶ崎…」のご評価ご添削有難うございました。
夕焼けというお題を見て、「泉」では大失敗したので汚名返上を狙って、稲村ヶ崎から見た夕日の美しさを詠もうと。ところが、「夕焼けの稲村ヶ崎」で発想が止まってしまい、悩んだ末に、写真を見て富士と雲を「取ってつけた」ようになってしまいました。当然のようにご指摘いただきました。反省しています。

御句、驚きました。これも俳句!?
少し前にこの道場で旧仮名遣いについてお尋ねしましたが、やはりこういうときは、「じ」でなく「ぢ」なのか、というのも驚きでした。この木自体も知らなかったので、眼を丸くしてしまいました。勉強になりました。

点数: 0

夕焼けの彼方から聞く父母の声

回答者 なおじい

添削した俳句: 夕焼ける西の浄土に父母居らむ

よし造様、拙句稲村ヶ崎のご評価ご添削有難うございました。本来稲村ヶ崎から見た夕日のきれいさだけ言えればよかったのですが、下五が余ってしまったので(そう思うのも素人の証拠)、バタバタ富士やら雲やら付け足してしまいました。反省です。

御句、涙が出そうです。コメントと合わせて。私もすでに両親いませんので心境がよくわかります。陽の沈む西にある西方浄土、そこに亡くなったご両親がいるだろうと。きっといますよ。

提案句は御句にヒントをいただき詠ませていただいたものです。私は仕事の帰り道に夕焼けに遭遇すると、亡き両親が「お疲れさん」「今日もよく頑張ったね」と言ってくれているような気がすることがあります。
いい歳をして子供じみていてお恥ずかしいですが、よし造さんのお気持ちに寄り添えた気がしました。有難うございました。

点数: 1

夕焼けの彼方から聞く父母の声

回答者 なおじい

添削した俳句: 夕焼ける西の浄土に父母居らむ

よし造様、拙句稲村ヶ崎のご評価ご添削有難うございました。本来稲村ヶ崎から見た夕日のきれいさだけ言えればよかったのですが、下五が余ってしまったので(そう思うのも素人の証拠)、バタバタ富士やら雲やら付け足してしまいました。反省です。

御句、涙が出そうです。コメントと合わせて。私もすでに両親いませんので心境がよくわかります。陽の沈む西にある西方浄土、そこに亡くなったご両親がいるだろうと。きっといますよ。

提案句は御句にヒントをいただき詠ませていただいたものです。私は仕事の帰り道に夕焼けに遭遇すると、亡き両親が「お疲れさん」「今日もよく頑張ったね」と言ってくれているような気がすることがあります。
いい歳をして子供じみていてお恥ずかしいですが、よし造さんのお気持ちに寄り添えた気がしました。有難うございました。

点数: 1

夕焼けに残す猫の子草の原

回答者 なおじい

添削した俳句: そして野良猫を後にして夕焼

こんにちは。
幸福来々様、いつも勉強させていただいております。

御句、私のような初心者には見たことのない、どこで切るのかわからない不思議なリズムの句でした。しかしきちんと十七音でまとまっているのですね。すごいです。そして、から始まるなんて、前川清の「神戸〜」が流れてきそうです。すみません。茶化しているわけではありません。カッコいいなと思っています。
御句は、野良猫にさよならして夕焼けに向かって歩いていく、そんなお姿を想像しました。

提案句は、添削とかではなく、御句にインスパイアされて私も同じような情景を詠ませていただいた、というものです。勝手に野良猫は子猫にしてしまいました。申し訳ありません。可愛さと離れ難さを膨らませたかったので。そして舞台を河川敷とかの草むらにしました。
もう夕暮れだからこの主人公は帰らなきゃいけない、でも猫ちゃん連れてはいけない。従って、置いていく…。辛いです!

点数: 1

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

夏めくやひとつの区切り二千段

回答数 : 10

投稿日時:

車窓より眺む通学路の柳

回答数 : 27

投稿日時:

母の日や少し遅めの車椅子

回答数 : 17

投稿日時:

陽炎の立つやあの日のヘアピンに

回答数 : 24

投稿日時:

告白の浜に砂噛む春嵐

回答数 : 21

投稿日時:

なおじいさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

赤潮や風も逃げ場も無き岬

作者名 北野きのこ 回答数 : 9

投稿日時:

夏空に泡が沸き立つ棚田なり

作者名 桔梗 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨空や車窓に墓石二つ三つ

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ