俳句添削道場(投句と批評)

なおじいさんの添削得点の高い順の1223ページ目

「花の唄揺蕩う笑顔希う」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 花の唄揺蕩う笑顔希う

サナギさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。他の二句も拝読した感想も含めて、この句にコメントさせていただきます。

ご自分の気持ちを五七五にまとめて、季語を入れてお詠みになるのは出来ていると思いますが、それを相手に伝えよう、わかってもらおうというお気持ちが伝わりません。

御句、そもそも、「揺蕩う」「希う」どちらも漢検の試験のようで難読です。難読に加えて複雑な意味を持っています。この辺は意識してお使いですか?

逆にコメントはあまりにも簡単で、解釈の手助けになりません。

恋の詩であることはわかりますので、それであればなおのこと、もっと平易に、わかりやすくということを考えないと、余計なお世話かもしれませんが、お気持ちが伝わらないのではと危惧します。周りにではなく、お相手にも。

初めての方に少し厳しいコメントになったかもしれませんが、ご容赦ください。
よろしければ、もう少し他の句も拝読できますでしょうか。

点数: 0

「点滴やメロン不整に転がり来」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 点滴やメロン不整に転がり来

山田蚯蚓さん、こんにちは。
俳句ポストの秀作入選おめでとうございます!入選句の中でも一番いいです!頑強!

点数: 0

「初盆が過ぎて蟋蟀泣く夜かな」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 初盆が過ぎて蟋蟀泣く夜かな

開原修さん、こんにちは。
御句およびコメント拝読しました。
義理のお母様にそれだけ優しくして差し上げて、お義母さんもお幸せでしたね。
それは開原さんが、お義母さんに優しくしていただいたからですね。
とてもしみじみと拝読いたしました。有難うございます。

さて御句、風情がありお気持ちの感じられるいい句なのですが、二点気になりました。
一点目、初盆と蟋蟀の季重なりです。流れはわかるのですがどちらも季節を強く示しますので、一つで十分かと思いました。

二点目は下五の「泣く夜かな」です。この泣く、ですと、主語は開原さんになります。コメントを見てもそのようです。しかしそうなりますと蟋蟀の声が消えてしまい、作者の感情だけが立ってしまいます。ここは蟋蟀に「鳴かせて」欲しいです。

これだけ思いの詰まった句に手直しとかは申し訳ないのですが、ここは添削道場ですので、「私ならこんな風に思ったけどどうでしょう?」というのを置かせていただきます。

・逝きし義母送り蟋蟀鳴く夜かな

ちょっと動詞が多くなって、まだ推敲が必要ですが、よろしくお願いします。

点数: 0

「遠くを想い決意残暑に山登る」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 遠くを想い決意残暑に山登る

ホリカワタカシさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
まずお作法として、直前の投句を読み替えたのであれば、コメント欄にそのように書くことが望まれます。
そうでないと、この道場は投句に添削するためのサイトですから、メンバーは、どちらにコメントしたらいいのかわからなくなりますから。

今回は、後の方の、この「遠くを想い」のほうが添削対象ですね?

実は私は前句の「憧れの」のほうにコメントをしていて、もう少しというところで夕飯になり(笑)、中断しました。

再開しようとしたら、新たな投句があり、すでに海郷さんがコメントなさっています。
海郷さんのコメントなら安心、もう何も言うことはないのですが、せっかくですから一言だけ置かせていただきます。

前句も本句も、そのままでは、憧れの山に今登っているように読めます。しかし句意は、憧れの山に登れるように、他の低山で練習しているということですよね。
その辺をはっきりさせないと、誤読されて終わってしまいます。
海郷さんのアドバイスをご参考になさってください。

点数: 0

「わたしだけ意見が違う毒茸」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: わたしだけ意見が違う毒茸

たーとるQさん、こんにちは。
御句拝読しました。
まずは、この句に添えられたコメントの面白さ、文体の気持ちよさに賛辞を贈りたいと思います。

こう言ってはなんですが、4ヶ月でよく句会に参加なさいましたね!?ていうか、そのくらいだから大丈夫なのかな。ましてお若いし。
私も俳句を始めてから句会というものに興味がわいたのですが、出た人の話を聞いたり、本を読んだりして状況を知ってくると、色々考えてちょっと二の足を踏んでいます。

さて御句ですが、私は一覧にある間は、ずっと一物句だと思っていました。すなわち、グループで山歩きをしていてキノコを見つけた。「食べられるよ」「いや、毒キノコだ」と議論になる中で、たーさん一人だけが違う意見だったと。
ですのでコメント拝読して驚きました。取り合わせなのですね。
それであれば、私も負乗さんと同じように、中七で切りたくなりました。

・この道は我一人なり毒茸

句会頑張ってください!そしてまた、奮戦記を聞かせてください!

点数: 0

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

梅雨空の明けたら明けたで懐かしき

回答数 : 28

投稿日時:

ハンディファン持たないほうの手に日傘

回答数 : 17

投稿日時:

夕焼けや何か一品買つてくか

回答数 : 30

投稿日時:

さう言へば近ごろ毛虫見なくなり

回答数 : 26

投稿日時:

黒塀の陰に紫陽花隠れをり

回答数 : 29

投稿日時:

なおじいさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

戦時下の句を調ぶるや冬の夜

作者名 めでかや 回答数 : 5

投稿日時:

墨磨るや片減りしたり十三夜

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

糾へぬ糸遊のごと言の葉は

作者名 卓鐘 回答数 : 7

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ