俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

身に沁むや友の葬儀に雨降りぬ

作者 これさん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先の俳句は入力ミスでした

最新の添削

「身に沁むや友の葬儀に雨降りぬ」の批評

回答者 負乗

"提案句"とは言え、ちゃんと句に、しませんとね…

「秋の蝶友の葬儀に雨降りぬ」

宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「身に沁むや友の葬儀に雨降りぬ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

これさんさん、こんにちは。
御句拝読しました。
お友達が亡くなったのですか。ご愁傷様様です。

御句、最初の「身に入む」でよかったように思いますが・・・。

それはそれとして、かぬまっこさんと似ていて恐縮ですが、ご友人のご葬儀で雨に降られたら、誰だって寂しいですよね。もちろんそれをそのままお詠みになってもいいのですが、何かもう一つ、詩情を加える詠みが出来れば。

・身に入むや友の葬儀の傘の列

お寂しくなりますね。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「身に沁むや友の葬儀に雨降りぬ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

これさん様、初めまして。

「友の葬儀に雨降りぬ」…身に染みますね。
きれいな措辞だと思います。
そこで上五の季語「身に染むや」…やはり重複感が有りますかね…。因果律も感じます。

何か具体物を季語としたほうが、良いような…
「きごさい」から、いくつか拾ってみました。

「秋の山」「秋の蝶」「蜻蛉や」「蓑虫や」「蟋蟀や」「敗荷や」「吾亦紅」…

この中から私は、「秋の蝶」を選びました。友はもう、蝶となって飛んでいるわけですね…(もろ類想ですかね…)
"境涯句"のようでもある御句を、勝手にいじってごめんなさい😣💦⤵️

また、宜しくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

境内は銀杏落葉を埋めつくし

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

冷めて冷められ死に急ぐ晩夏かな

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

風死して血気にはやる扇風機

作者名 詩音 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『身に沁むや友の葬儀に雨降りぬ』 作者: これさん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ