俳句添削道場(投句と批評)

小西晴菜さんの添削投稿の古い順の3ページ目

梅雨明けや明日の行き先選る夕餉

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 梅雨明けとは休日前の夕食よ

白南風さま。拙句「桜桃忌」へのアドバイス、ありがとうございます。
さて、御句は、梅雨明けの幸福感を、休日前の夕食に重ねて、比喩的に表現されていました。私にはその微妙なニュアンスは難しく、語句通りの情景を思い浮かべました。
明日は、久しぶりに天気が良さそう。観たい映画がある。あの展覧会、もうすぐ終わるよ。おばあちゃんの誕生日プレゼントもう買ったけど。新しい店、美味しいんだってさ。天気がいいなら、遊園地。でもお父さん仕事でしょ。いや、休み。やった〜。で、今日の晩ごはん、何?
····子どもの作文もどきと笑わば笑え、今、皆が心待ちにしているのは、親しい人と、何の心配もためらいもなく出かけられる平凡な日常ですよね。
梅雨明けの先のコロナ明け、白南風さまの句に接し、ますます待ち遠しくなりました。

点数: 1

「デパートの屋上閉づや矢車草」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: デパートの屋上閉づや矢車草

イサク様。拙句「桜桃忌」「ひとりじめ」等々に適切なアドバイスをありがとうございます。なかなか返信に至らず恐縮しております。さて、御句ですが、まず思い浮かべたのは芭蕉の「夏草や」です。目前の寂寥感を表すことで、かえって過去の戦の活況を想起させるような。····デパートの屋上、今は寂しいなあ、遊具も無くなって、ちょっと矢車草かなんか生えてるだけじゃん。子どもの頃、楽しかったなあ、と。
そして、88歳の母に御句を見せて、「昔よく行ったね。」と思い出話を向けると、その返事にびっくり。「矢車って、鯉のぼりのてっべんで回ってるもんね。子どもの日くらいに咲くからね、矢車草。」
ああ、季語とはそういうものか、と膝を打ちました。思い出の中のモノクロの遊園地
が一気にカラー化し、子どもの歓声や楽しげなBGM、亡き父の若い頃の笑顔まで目に浮かびました。やはり俳句は奥が深いですね。

点数: 0

「夕焼けの稲村ヶ崎富士に雲」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 夕焼けの稲村ヶ崎富士に雲

なおじい様。拙句「純喫茶」「桜桃忌」等々へのアドバイス、ありがとうございます。なかなか返信に至らず申し訳ありません。「分かち合ふ」はじめ、拙い表現からも、丁寧に意図をくみとってくださることに、いつも感謝しております。
「ひとりじめ」の「てふ」ですが、句意から考えて「という名の」は省けないとまず判断しました。でも、「欲望という名の電車」だの「愛という名の支配」だの、有名なタイトルの印象が強く、そこで「西瓜」ではパロディのような感じ。何とかならないかと迷って行き着いたのが「てふ」です。声に出して読むと、柔らかい印象になってタイトルの呪縛を逃れ、何より中七に納まりました。以上、恐縮ながら「てふ」に関する自己満足のこぼれ話です。
さて、御句「夕焼けの」の稲村ヶ崎とは、桑田佳祐さんの映画「稲村ジェーン」の稲村ですよね。当方、生粋の関西人で、遠方の地名を見てもピンと来ないのが実情。でもこの映画は、ストーリーは全く思い出せないのに、海の美しさが忘れられないのです。御句を拝読して、現地は無理なので、TSUTAYAへ行こうと思いました。

点数: 1

用別に綺麗な虹が撮れたから

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 別に用は無いけど綺麗な虹が撮れたから

秋沙美さま。いつも素敵な句をありがとうございます。
御句、添削などおこがましいのですが、思わず声に出して読みたい句だったので、コメントさせていただきます。スマホを通じた二人のやりとりと理解したので、明らかな会話にしてしまいました。
「用?別に。綺麗な虹が撮れたから。」
まだまだ初心者で、記号が入るともはや俳句ではないのか、効果的なら少しくらいOKなのか、頃合いがわかりません。前者なら、
  久しぶり綺麗な虹が撮れたから
はどうでしょう。少し意味合いが変わってくるかとは思いますが、そもそも虹は滅多に見たり撮ったりできないし、気心は知れているけど、用事がなくて疎遠になりがちな相手かな、と想像したので。

点数: 1

「水流の厚みのままに瀑布落つ」の批評

回答者 小西晴菜

添削した俳句: 水流の厚みのままに瀑布落つ

卓鐘さま。拙句「紫陽花や」「ひとりじめ」等々へ、的確なアドバイスを
ありがとうございます。あれこれ学ばせていただいているのですが、なかなか返信に至らず、申し訳ありません。
さて、御句「水流の」ですが、中七に驚きました。滝って、要するに水なんだけど
、量や形や動きに変化がありすぎて、表現する語の選択が難しいと感じていたのですが、「厚み」にはすごく説得力がありますね。

点数: 0

小西晴菜さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

雛祭り囃子の笛をまた探し

回答数 : 6

投稿日時:

煎餅で羽毛に負けぬ夢を見る

回答数 : 5

投稿日時:

立春や昨日の豆へむら雀

回答数 : 6

投稿日時:

寒雀はたちの帯や結びたる

回答数 : 3

投稿日時:

明日ユニバ母に内緒の風邪心地

回答数 : 6

投稿日時:

小西晴菜さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

宵の道アイスクリームと笑い声

作者名 かこ 回答数 : 15

投稿日時:

歎声に書閉づ車窓は冬の冨士

作者名 大泉洋二郎 回答数 : 1

投稿日時:

亀鳴けば時が止まると兄ちゃんが

作者名 世良日守 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ